2012年 06月 04日

山陽本線定期回送気動車





山口・広島地区の非電化区間に用いる気動車は、芸備線用キハ120以外のキハ40・47系が
岩徳線、山口線、山陰本線(益田~下関)、芸備線(広島~三次)の各線で用いられますが、
全車両が下関車両所新山口支所に集約配置となっています。
従って、芸備線にて使用の気動車は、検査周期の関係から毎日5両の入れ替えが行われ
上下各1往復の回送列車が広島~新山口間で運転されます。
 下りは広島11:36→新山口14:43(3587D),上りは新山口12:47→広島15:49(3588D)で
広島・新山口間137Kmを3時間超かけて走る長距離回送列車です。
以前は客扱いをしておりましたが、電車用ホームの為にステップ高さの問題から回送扱い
となったそうです。以下は沿線の回送列車風景です。
 尚、呉線用マリンビュー用キハ47-7000代2両は広島運転所の所属です。


 下り回送列車キハ4794      横川    2012年5月
                          (各写真はクリックで原寸となります)


 同下り回送列車キハ402004   西広島付近     2011年5月


 上り回送列車キハ471035   新井口   2012年4月


 同下り回送列車キハ402043   由宇付近       2012年6月


 別の日の同列車       2012年11月


 同下り回送列車         神代~大畠     2011年11月


上り回送列車キハ471035他  田布施~岩田    2013年1月


田布施にて上りです。  2014年1月



  



            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)











by tetudankai5501 | 2012-06-04 20:18 | JR西日本


<< 西武371形      日立製新造車甲種輸送(3)他 >>