団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記

tetu5501.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:東武鉄道( 10 )


2016年 11月 07日

東武東上線昭和37年


 今回は昔の東武東上線、撮影は昭和37年です。


車両は7800・7300形が主体でしたが、7300形は未更新の切妻国鉄型も残っておりました。
昭和37年当時は東上線配置車両は全てが吊り掛け車であり、隣の西武線にはこの年初め
て601系カルダン車が登場します。東武初の地上通勤新製能車8000系の登場は翌年昭和
38年秋のことでした。



 最初は志木駅付近から
当時は志木に限りませんが、郊外駅は少し離れますと雑木林と農地が広がる農村風景が
拡がっていました。国鉄武蔵野線は未だ着工前でしたから、志木の隣は朝霞でした。


                          (各写真はクリックで原寸となります)
昭和28年から29年製7800形初期車です。旧国60系を4扉にしたような車体には新しさは見られませんが、
台車は既にFS10を履いていました。
    志木駅構内      昭和37年
a0251146_23405658.jpg
 
 7800形後期車。埋め込みライト、Hゴム支持戸袋窓など多少近代化されましたが、車内床
面は最後まで木製でシール、ヘッダーも窓回りに残ります。
後に4両固定編成も現れます。
a0251146_23413513.jpg

    志木~朝霞    昭和37年 以下同様
a0251146_23422162.jpg

a0251146_23423975.jpg

 こちらは国電73系からの改造車、7300形です。車体は7800形同等に乗せ換えですが、台車、連結器、
 パンタ、制御装置、グロベンなどは種車のままとされました。
a0251146_20185412.jpg

旧型32系・54系準急東松山。旧型は専ら準急に用いられたようです。
a0251146_1731589.jpg



 次は東武練馬付近です。
東武練馬付近では住宅建設が既に盛んでした。

 更新改造前の7300形。ほぼ国鉄73形原型を保っていました。   東武練馬付近  昭和37年
a0251146_17813.jpg
 
 こちらは赤色の32系。準急池袋
a0251146_173241.jpg



  東武伊勢崎線昭和40年頃はこちらです。


          以上です。ご覧頂きありがとうございます。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2016-11-07 23:47 | 東武鉄道 | Comments(2)
2015年 03月 14日

東武61615・61616F完成甲種輸送


 今日は下松甲種もあり忙しい一日でした。

 野田線用60000系今年度増備の第四陣2編成が日立製作所笠戸事業所にて完成、
本日山陽本線下松から熊谷貨物(タ)へ向け甲種輸送で発送されました。
第 15編成 61615-62615-63615-64615-65615-66615
第 16編成 61616-62616-63616-64616-65616-66616


今日3月14日からJR各社ダイヤ改正が行なわれました。8862レは広島(タ)以西は大きな時間変更は
無いようです。
折りしも今日から広島支社管内山陽本線にも新車227系の営業運転が始まりました。野田線・広島山陽線
にも新車が続々増備され世代交代が始まっています。



                          (各写真はクリックで原寸となります)
写真は本日運行の東武甲種輸送8862レ。 牽引機EF66-107
山陽本線  五日市~新井口       2015年3月14日
a0251146_21144617.jpg


こちらは今日から営業開始のヒロ227系A08。
a0251146_2115533.jpg



ご覧頂きありがとうございます。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2015-03-14 21:19 | 東武鉄道 | Comments(0)
2015年 02月 14日

東武61613・61614F完成甲種輸送


 野田線用60000系今年度増備の第三陣2編成が日立製作所笠戸事業所にて完成、
本日山陽本線下松から熊谷貨物(タ)へ向け甲種輸送で発送されました。

 第 13編成 61613-62613-63613-64613-65613-66613
 第 14編成 61614-62614-63614-64614-65614-66614

毎回同じですが、上記2編成併結の12両編成で8862レにて発送です。
牽引機はEF66-116(吹)でした。   



                          (各写真はクリックで原寸となります)
写真は全て2015年2月14日 山陽本線西広島付近
a0251146_21143623.jpg

a0251146_21153729.jpg

a0251146_21155381.jpg


昨年同期の甲種列車は関東の大雪で大変でしたね。

東武甲種の後に地元新車の慣らし列車が通過しました。今日は甲種が有りましたので時変が掛かっていました。
a0251146_21243593.jpg



以上です。ご覧頂きありがとうございました。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2015-02-14 21:29 | 東武鉄道 | Comments(0)
2015年 01月 11日

東武61611・61612F甲種輸送

 野田線用60000系今年度増備の第二陣2編成が日立製作所笠戸事業所にて完成、
本日山陽本線下松から熊谷貨物(タ)へ向け甲種輸送で発送されました。

 第 11編成 61611-62611-63611-64611-65611-66611
 第  12編成 61612-62612-63612-64612-65612-66612

毎回同じですが、上記2編成併結の12両編成で8862レにて発送です。
牽引機はEF210-106(吹)でした。    写真は全て2015年1月11日



                          (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_13195965.jpg

a0251146_7504198.jpg

a0251146_1244481.jpg



以下下松駅にて
a0251146_204422.jpg

a0251146_2045026.jpg

a0251146_20452871.jpg



 今日は何時に増して沿線に人が多いと思ったら、直前に来たこちらがお目当ての様でした。 
  2072レ  EF66-26
a0251146_12511770.jpg



 ご覧頂きありがとうございました。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2015-01-11 20:53 | 東武鉄道 | Comments(0)
2014年 12月 06日

東武61609F・61610F甲種輸送

 野田線用60000系今年度増備の第一陣2編成が日立製作所笠戸事業所にて完成、
本日山陽本線下松から熊谷貨物(タ)へ向け甲種輸送で発送されました。
 第 9編成  61609-62609-63609-64609-65609-66609
 第10編成  61610-62610-63610-64610-65610-66610
上記2編成併結の12両編成の8862レ。電機はEF66-101でした。




                          (各写真はクリックで原寸となります)
編成全体
Tc前面窓下と側面に新たにTOBU URBAN PARK LINEとロゴマークが入りました。
a0251146_20501032.jpg


牽引機はEF66-101 (吹)
a0251146_20521632.jpg


Tc61609
a0251146_20531719.jpg

Tc66610
a0251146_20565267.jpg

M62609
a0251146_2058217.jpg



 甲種列車8862レ。 山陽線玖波にて
a0251146_20585613.jpg

a0251146_2059101.jpg

a0251146_20592285.jpg


 ご覧頂き有難うございました。

追記;牽引機EF66-101は途中梅小路にてEF210-141に車両交換が行われたようです。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2014-12-06 21:02 | 東武鉄道 | Comments(0)
2014年 02月 15日

東武新車60000系第三陣甲種発送



a0251146_21223729.jpg




 東武野田線(アーバンパークライン)用60000系の増備車2編成が本日日立製作所を
出場、山陽本線下松駅から甲種輸送にて熊谷貨物タに向け発送されました。
今回出場は第五編成61605F・第六編成61606Fの6連2本で、前回同様2本併結です。

61605F  61605-62605-63605-64605-65605-66605
61606F  61606-62606-63606-64606-65606-66606

発駅 下松→横浜羽沢→新鶴見→熊谷(タ)着駅・・・羽生
下松~横浜羽沢(8862レ)はEF66-105

山陽本線下松駅は定刻に発車しました。途中関西・関東地方の雪の影響を受けなければ
良いのですが。熊谷地方大雪なので大丈夫でしょうか。


 
                                 (各写真は、クリックで原寸となります)
山陽本線下松定刻発車。大畠を通過する8862レ
a0251146_21304586.jpg


a0251146_20395661.jpg

a0251146_20402240.jpg

a0251146_20405762.jpg



編成全体 61605F+61606F   下松駅
a0251146_20421935.jpg

62605
a0251146_20432212.jpg



送り込み  下松へ東武60000系を迎えに行く、甲種牽引機EF66-105(吹)単機   神代~大畠
a0251146_20465041.jpg





            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2014-02-15 20:50 | 東武鉄道 | Comments(4)
2014年 01月 12日

東武新車60000系第二陣甲種発送

 


東武野田線(アーバンパークライン)用60000系の増備車2編成が本日日立製作所を
出場、山陽本線下松駅から甲種輸送にて熊谷貨物タに向け発送されました。
今回出場は第三編成61603F・第四編成61604Fの6連2本で、昨年同様2本併結です。

61603F 61603-62603-63603-64603-65603-66603
61604F 61604-62604-63604-64604-65604-66604




                          (各写真はクリックで原寸となります)
 山陽本線を上る甲種列車8862レ。60000系2本併結12連    大畠  2014年1月12日
a0251146_18405245.jpg


 西広島付近を通過する同列車     横川~西広島
a0251146_18441391.jpg



このところ下松甲種は昨年暮れの西武30000系と今回の東武60000系のA-trainで両車
似たような構造の日立標準通勤車という感じです。
西武は甲種発送の曜日が一定ですが、東武は前回が火曜日、今回は日曜日、次回土曜日
と定まっていないようです。


 以下 下松にて
 日立専用線から下松2番に搬入される甲種列車
a0251146_1962278.jpg

 61603F+61604F
a0251146_1971546.jpg

a0251146_1973899.jpg

62603
a0251146_2235566.jpg

a0251146_19274636.jpg

今日の牽引機 EF210-159でした
a0251146_198134.jpg




羽生まで三日間の長旅です
a0251146_0425134.jpg

a0251146_1985439.jpg



            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
 

by tetudankai5501 | 2014-01-12 19:11 | 東武鉄道 | Comments(0)
2013年 03月 19日

東武野田線新車60000系甲種輸送



a0251146_214267.jpg




東武野田線用新車60000系2編成が日立製作所笠戸事業所で完成、山陽本線下松より
熊谷貨物タへ向けて甲種輸送にて出発しました。
第一編成 61601F 61601・62601・63601・64601・65601・66601
第二編成 61602F 61602・62602・63602・64602・65602・66602
年度末ぎりぎりの投入ですが、同車の投入で野田線も一気に近代化しそうです。

上記2本併結の12両編成の8862レ。電機はいつもの桃と違うEF66-113でした。   



                          (各写真はクリックで原寸となります)
山陽本線広島市内を熊谷に向かう60000系甲種輸送列車
a0251146_2104841.jpg



こちらは山口県下下松を発車して間もなく三日間の長旅の始まりです
a0251146_211275.jpg


a0251146_2114789.jpg


a0251146_2122182.jpg


日立から出場してきた同車  下松
a0251146_215348.jpg



日立Aトレイン側面が綺麗ですね
a0251146_2125693.jpg






懐かしの野田線7832 昭和37年大宮
a0251146_237663.jpg




            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

by tetudankai5501 | 2013-03-19 21:07 | 東武鉄道 | Comments(6)
2012年 03月 08日

東武伊勢崎線  昭和40年頃



DRC
a0251146_3104557.jpg



 東武伊勢崎線は、西武線と同じ埼玉県を走る鉄道ですが、同じ県内にあっても
北東部と西部とでは、地勢が異なり昭和30年代にあっては、東武沿線はその多く
が田園地帯でしたが、松原団地など新興団地も開発が始まり、東京への通勤圏が
拡大しつつある状況でした。その様な状況下の昭和37年、営団地下鉄日比谷線
との相互乗り入れが始まりました。一方西武鉄道沿線は、武蔵野台地や狭山丘陵
の雑木林や田畑の間を走る郊外電車でした。
車両も東武が日光という観光地を持ち特急等早くから優等列車を運行し国鉄日光
線と競っていたのに対し、西武はこれといった観光地も無く、車両は全部通勤型の
セミ新車主体という大変地味な鉄道で、地下鉄乗り入れなど遠く及ばないところで
した。
西武沿線住民は東上線は比較的身近な存在でしたが、東武本線となると殆ど縁が
無かったと思います。西武沿線民だった私も、東武本線には疎遠でしたが、営団地
下鉄車が地上線を走る姿が珍しく、西武線では見られない光景を眺めに時々遠征
したものでした。
 地下鉄相互乗り入れは、当初は北越谷まででしたが、昭和41年に北春日部まで
乗り入れ区間が延長されています。
 特急DRCや地下鉄用新鋭2000系、営団3000系、在来通勤車7800・7300系
等多彩な車種で楽しめました。新型通勤車8000系の登場は昭和38年度からでした。



   営団3000系 3005F4連の北越谷行。乗り入れ当初は4連でした。
       竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_3173679.jpg


   同じく営団車3000系 3007F  人形町行  竹ノ塚~谷塚  昭和37年
a0251146_320345.jpg


   こちらは東武の乗入車新鋭2000系  営団車に合せて18m車になってしまいました。
       竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_421029.jpg


   貫禄のDRC1720系特急「きぬ」   竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_323138.jpg


特急車1700系改造後の姿     武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_1823199.jpg


   国鉄型7312改造前の原型     草加付近       昭和37年
a0251146_323457.jpg


    5700系 急行運用        昭和37年
a0251146_3242524.jpg


    多様な形式が繫がっています。   赤城・伊勢崎 準急  武里~一ノ割   昭和42年
a0251146_3253747.jpg


    5310系          武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_1851335.jpg


   2000系 6連  中目黒行き   武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_3261799.jpg


   同じく2000系            武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_18113749.jpg


   2000系  北春日部行き     武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_327718.jpg


   新鋭6000系        武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_3282665.jpg


   同じく6000系       武里~一ノ割       昭和42年
a0251146_1855750.jpg


   8000系 初の地上線高性能通勤車登場!   武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_329890.jpg



東武東上線昭和37年はこちらです。


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-03-08 00:10 | 東武鉄道 | Comments(14)
2012年 01月 15日

東上線と西武線



 西武沿線には昭和30年代前半から、昭和50年代前半まで約20年ほど住んでいました。
桜台在住時代は、大抵暇さえあれば西武は練馬、東上線は東武練馬で飽きずに電車を眺めていました。
昭和30年代中期なのですが、東京の他の私鉄・国電共に高性能車が次々に登場する中、依然として
練馬区を走るこの2私鉄線だけは高性能車とは無縁でした。
 西武は車体だけ新しいが、下回りは省線そのままの騒音吊り掛けセミ新車、東上線は新車では有るが
旧態依然とした7800型を相変わらず量産していました。従って練馬区内では都内唯一カルダン車の軽快
な音を聞くことは出来ません。稀に東急7000系や営団3000系等に乗車すると、別世界の乗り物の様に
感じたのでした。
 そんな均衡を先に破ったのは西武初の601系カルダン車だったのですが、これまたTc台車がTR11と縁の
切れない中途半端な新製能車?だったのです。モハの台車も国電101系と同じDT21でした。でも今までの
吊り掛け車とは一線を引く画期的な走行音が好きでした。居宅が線路際だったこともあり、早朝深夜には練
馬や江古田進入時頃から軽快なジョイント音が未だ当時静かだった街に響いて、西武もやっと中央線並み
になったと喜んでおりました。
 ところがそれも束の間、1年後の昭和38年に今度はお隣東上線に颯爽と純新車8000系がデビューしたのです。
池袋で始めてみた時は、これは西武の完敗だと思いました。なにしろ4ドア両開き、台車はミンデン型でエア
サス装備の完全なる新車なのですから。
 西武はその頃相変わらず、701系を量産していました。

まづ、高性能車とは無縁だった頃の両線の姿を掲げてみます。



こちらは、東上線休日急行7800系 志木駅 昭和37年
a0251146_21171167.jpg
 

こちらも、東上線7300型原型車  東武練馬付近  昭和36年
a0251146_21175562.jpg


この車は、上記7300の車体更新車です。台車、グロベン、パンタ、連結器などに原車
車の面影を残しています。7800形とは普通に連結していました。  昭和36年
a0251146_152376.jpg



こちらは、西武最後の吊り掛車(2連増結用や中間改造の411系や571,491は一応除きます)新製561F試運転。
秋津駅 昭和37年4月
a0251146_21161569.jpg



ようやく、新性能車出現です。
西武601F 保谷  昭和37年
a0251146_21193926.jpg


東武8000系(本線にて番号不詳)  昭和42年
a0251146_21201696.jpg


東武と西武(池袋線)、かつては共に貨物列車も多数運行し、駅の佇まいも「鉄道」に相応しい雰囲気が
似ていました。今も同じAトレインの通勤車を増備する等若干共通するところがありますね。

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-01-15 21:36 | 東武鉄道 | Comments(2)