団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記

tetu5501.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

広電最近の話題

 


ICカード全扉乗降試験
広電では従来、連接車での降車は運転士の居る最前部か、若しくは係員の居る中間部の扉から
の計2箇所しか降りられませんでしたが、この試験は片側4箇所の全扉からICカード利用者に
ついては降車出来るようにIC読み取り機を設置して乗降時間の短縮を図ろうとする実験でした。
2月15日から3月31日までの期間限定ですが、今後普及するのかどうかが注目されます。
  写真は同試験に供用された3906編成。他に3703編成でも試験が行われました。  
                   紙屋町付近にて     2012年3月29日

                             (各写真はクリックで原寸になります)
a0251146_22372475.jpg




 軌道敷緑化
広電には宇品線の一部区間で、約250mの緑化軌道敷が既に有りますが、今般市内中央部での初の
試みとして、原爆ドーム前電停に於いて緑化工事が完成しました。今後同電停付近の交差点部分や
横断歩道以外の区間において、順次施工区間を拡大する計画だそうです。
写真では未だ芝貼り直後の為、よく判りませんが一ヶ月も経てば青々とした軌道敷となるでしょう。
                   原爆ドーム前電停にて    2012年3月29日

a0251146_223823.jpg


一月余り経過した最近の様子です。芝が青くなって来ました。   2012年5月7日
a0251146_1917921.jpg




                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)

by tetudankai5501 | 2012-03-30 22:40 | 広島電鉄 | Comments(0)
2012年 03月 28日

西武301形

 

今回は、再び昔の西武電車の話です。
 301形と言ってもN101系の8連口ではなくて、旧武蔵野鉄道の5570形の改称後の形式です。
5570形は昭和17年製ですが、結果的に武蔵野鉄道最後の増備車輌で、木南車輌に発注され
た両運の電動車でしたが、当時の事情から電装品の製造が間に合わず、制御車代用として納
入されたようです。電動車化されたのは戦後の昭和22年のことで、その後旧社形一斉改番に
際して、モハ301形となります。
 片運転台化は昭和25年に施工、この時期に飯能寄り(当形式は終始池袋線に居りました。)
客室1/3を荷物室とし運転室直後のドアーは手動式でした。荷物室は昭和36年に撤去されます。
 連結相手は同形式ではなく、国鉄形制御車の1301形や1431形等と2連を組んでいましたが、
実際の運用はクハを中間に挟んだ4両編成として用いられ、常にモハ301形が両端に出ていま
した。
 旧武蔵野車の中では、最も長く使用され昭和36年にはHL制御から国鉄標準のCS5制御器化
されます。これは旧社形の中では当形式のみに実施され、一般赤電と連結可能となり朝の急行
8連運用などにも使用されています。昭和36年末には、新車451系の増備付随車サハ1471形
を中間に挟んだ4両固定編成となり、両端旧武蔵野車、中間車は両開きの新車という珍編成で
昭和39年まで走っておりましたが、同年301形が4両揃ってMc+Tcの2本に仕立てられ一畑電鉄
に特急用の改造を受けクロスシート2扉化されて譲渡されております。残った中間サハはその後
本来の451系と組まれ揃った編成となりました。




 武蔵野生え抜きの古武者301形 304+1492+1491+303 保谷~ひばりヶ丘  昭和38年
a0251146_2158285.jpg


 303+1491+1492+304  島式ホームの頃の練馬にて   昭和36年
a0251146_21585012.jpg


 堂々朝の急行先頭に立つ301系。晩年最後の活躍です。この2年後に一畑に転出します。
      302+1490+1489+301+421系×2の8連 保谷大カーブにて  昭和37年
a0251146_21593652.jpg


 301+1302+311系  CS5に置換え直後の姿。これで他の車両とも組めるようになりました。  
      保谷~ひばりヶ丘    昭和36年
a0251146_2201782.jpg



番号変遷

5571(S17年新製クハ代用)→電動車化(S22年)→モハ302(S23年)→片運化(S25年)→CS5化(S36年)→一畑譲渡クハ171(昭和39年)
5572(S17年新製クハ代用)→電動車化(S22年)→モハ301(S23年)→片運化(S25年)→CS5化(S36年)→一畑譲渡デハ71(昭和39年)
5573(S17年新製クハ代用)→電動車化(S22年)→モハ303(S23年)→片運化(S25年)→CS5化(S36年)→一畑譲渡デハ72(昭和39年)
5574(S17年新製クハ代用)→電動車化(S22年)→モハ304(S23年)→片運化(S25年)→CS5化(S36年)→一畑譲渡クハ172(昭和39年)


最終編成表 (S36年末~S39年)

モハ301+サハ1489+サハ1490+モハ302
モハ303+サハ1491+サハ1492+モハ304

サハのその後の番号変遷は、こちらも御覧ください。


                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)

by tetudankai5501 | 2012-03-28 22:05 | 西武鉄道 | Comments(10)
2012年 03月 25日

広島カープ応援ラッピングトレイン登場

a0251146_19423952.jpg



 JRW広島支社では、この程115系L02編成1本を広島カープ応援トレインとしてチームカラーの
真紅をベースに「破天荒・カープ坊・マスコットスラィリー」などをラッピングして仕立てた列車を
本日(3月25日)よりシーズン終了の10月まで運行することとなりました。今日はそのお披露目の
出発式が広島駅で挙行されました。
 写真は、「2012年がんばれカープ応援トレイン」に仕立てられた、L02編成クハ115-2002他4連。 
 これ位派手だと、小気味良いですね。  写真は全て広島駅にて  2012年3月25日
(各写真はクリックで原寸となります。)
a0251146_7554834.jpg



ラッピングの様子 モハ114-2004+モハ115-2004
a0251146_19473640.jpg


同クハ115-2002
a0251146_1938695.jpg


同モハ114-2004
a0251146_19383046.jpg


広島球場を背景に、広島カープ応援ラッピングトレイン編成。
a0251146_1522850.jpg




                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)

by tetudankai5501 | 2012-03-25 19:48 | JR西日本 | Comments(4)
2012年 03月 25日

広島運転所113系P編成お目見え

 
先般来、日根野から転属の113系40N車5編成が幡生工場で整備中でしたが、この
程塗装も関西更新色そのままで、広ヒロP-01編成として再デビューしました。追って後続も
出場すると思われます。代替えに湘南色F-01編成が廃車となりました。
尚、今回のダイ改で余剰となった宮原の113系も、同様に広島に転属する模様で、既に
S37とS34編成が幡生工場に送られています。ただS34編成は既に関西単色の緑色に
塗り替えられておりますので、どうなることでしょうか?。


  写真は、日野根から転属の広ヒロ113系P-01編成。
                        新井口駅にて     2012年3月25日
(各写真はクリックで原寸となります。)

a0251146_1926289.jpg


同編成642M広行    西広島~横川        2012年4月
a0251146_17533039.jpg


  同編成540M広行    横川               2012年5月
a0251146_18552340.jpg



  代替えで減少してゆく113系湘南塗りF編成。113系を113系で置き換えなのです。
                               西広島~横川    2011年

a0251146_19265640.jpg


                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)

by tetudankai5501 | 2012-03-25 19:31 | JR西日本 | Comments(2)
2012年 03月 21日

清盛マリンビュー号とキハ47

 
      清盛出陣
a0251146_217309.jpg



瀬戸内海沿いを走る呉線には、以前からマリンビュー観光列車「瀬戸内マリンビュー号」が土・
休日に広島~三原間に運転されています。
車体内外にクルーズ船を模した意匠を施した2両編成の気動車列車(キハ47系)ですが、今年
1月から6月末までは、山陽本線の広島~宮島口間の延長運転を実施しています。
これは「大河ドラマ・平清盛」連動企画ということで、”清盛マリンビュー”号と称し従来からの列車
のヘッドマークも一部意匠変更して「 宮島の大しゃもじ」に付け替えて運行されています。
全線電化区間でありながら気動車快速列車というのも珍しいのかなと思われます。
気動車編成はキハ47-7002(三原方)+キハ47-7001(宮島方)


   同清盛マリンビュー2号   8237D   横川~西広島    2012年3月20日
                      (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_518737.jpg


   清盛マリンビュー1号  8234D   五日市付近   2012年3月20日
a0251146_5192543.jpg

    山側(写真上)と、海側(写真下)とで窓の大きさ・配置が異なります

   おでこの模様復活しました。   8234D    横川    2012年5月
a0251146_1883732.jpg



  普段の山陽本線気動車列車は、広島・新山口間133キロのキハ40系5連の定期回送列車が
  一往復あるのみです。これは芸備線用気動車も、新山口で一括管理しているためです。
     キハ40系5連広島・新山口間定期回送列車   大畠~神代   2011年10月
a0251146_1792651.jpg





                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)
  

by tetudankai5501 | 2012-03-21 05:28 | JR西日本 | Comments(2)
2012年 03月 16日

初代西武401形

 今回は西武旧型車の中でも、異端的存在であった初代401形の思い出です。
西武の63型である当形式は、他の私鉄の同形式に較べその導入経緯に西武らしさが見られて
興味深いものが有ります。戦後他の大手私鉄の多くが運輸省規格電車の63形の割り当てを受け
入れ、その代償に手持ちの社型を地方私鉄に供出することで、不足した輸送力を大型国鉄形で
確保しようとしました。しかし西武はこの割り当てを辞退し、ひたすら省電戦災焼け電を買い集め
自社で興した所沢車輌工場でこれらを復旧させる方法で戦後の車両確保を行いました。従って
自社社型の他社への供出も回避できた訳で一石二鳥の方策と言えましょう。
このようにして出現した車輌は311形や1311形であり、1431形でありました。
 西武の63形である401系は、これ等の戦災復旧車とは別に、国鉄にて使用中の事故車を購入し
所沢工で復旧したもので、昭和28年、29年にモハ402とクハ1421・1422として出場します。
西武としては20m車は1431形で実績がありますが、4扉車の使用実績は当系列が初めてとなります。
当初の編成はモハ402+クハ1421と、クハ1422+311系となり、4扉モハが足りませんでしたので、昭和
31年になってわざわざ同型のモハ401を新製しています。晴れて4両揃い4扉車という事もあり、ほぼ
同形式4連か、単独2連で新宿線系統で使用されました。
 西武の国鉄形の中に有っても特異な存在で、モハ50系列、31系列、30系列、クハ55系列タイプの
中にあって、唯一切妻正面、4扉、一形式4両の小世帯で、かつモハの台車は昭和34年にDT13の
枕バネを空気バネ化するという変わった経歴を持っていました。更に生涯新宿線系統で使用され
池袋線には入線実績は無いと思われます。
 後年は、編成の長大化に伴い3扉車との混結は不都合との事で、支線運用に回され晩年は空気バネ
台車も501系に譲り、多摩湖線等の支線運用で余生を送っていましたが、昭和48年までに全廃となりま
した。
 401新造の僅か3年後から新製された451系は国鉄101系を模した切妻型でしたが、湘南形2枚窓車
を50両も作り続けた後だけに、この初代401形が西武赤電のもう一つの顔である切妻形電車の奔り
となったことは否めませんね.



新宿線本線時代の4連402・1401+1402・401   花小金井~小平   S39年
a0251146_0293770.jpg


   同じく新宿線での4連運用  1401・402+401・1402  所沢駅  S37年
a0251146_039242.jpg


   多摩湖線での2両編成   401・1402  萩山付近   S41年
   401は昭和31年自社製で、下の写真の湘南形413より新しいのですが・・
a0251146_0394116.jpg


   411(当時)との変則4連運用413・サハ1413+401・1402   所沢  S37年
a0251146_0421341.jpg


   旧塗装時代  台車はエアータンク付きです  402+1401  下落合  S36年
a0251146_0443465.jpg


  西武の切妻形は後に、国電同様73形から101系タイプの451形に引き継がれました。
                       上石神井  昭和37年
a0251146_21371683.jpg


  空気バネ付きDT13台車   上は試作段階  下は改良採用形
a0251146_8194531.jpg


 編成

401+1402  401は新車(S31/9)。 1402は国鉄モハ63470→西武クハ1422(S29/3)→1452→1402

1401+402  1401は国鉄モハ63057→西武クハ1421(S28/3)→1451→1401。402は国鉄モハ63024→西武 402(S28/3)







                      (ブログ内写真・資料の転載を禁じます) 




     

by tetudankai5501 | 2012-03-16 00:53 | 西武鉄道 | Comments(7)
2012年 03月 13日

広島鈴峯界隈

a0251146_125762.jpg




 広島市の西部、鈴峯山の足許に八幡川という河川があります。山陽本線と広島電鉄の橋梁が並行
して架かっています。この付近では両者の撮影が出来ます。
 橋梁の付近は、少し前までは高い建物も無く、開けていたのですが、最近は両岸にマンションが建ち
撮影ポイントが狭くなってしまいました。
 橋梁から瀬戸内海までは数100m程で、河口は渡り鳥の飛来地としてこの辺りでは有名です。何時も
バードウオッチングや鳥を撮影される人が居られます。
 暇な私は良くここら辺を訪れます。鳥のことは良く判りませんが、見ているだけで和みます。
 今日は3月とはいえ、時折雪の舞う寒い日だったのですが、晴れ間も有りましたので気楽に写して参り
ました。特に何かネタがある訳では有りませんが、ぶらっと近場を歩くのも良いものです。





 最初はJRW山陽本線の103系D02編成です。朝呉線から山陽線に入り山口県の由宇まで1往復します。
山陽本線の広島・岩国間では3連はこの列車のみですが、トイレ付きです。
    103系D02編成 広ヒロ    五日市~新井口      2012年3月13日
                          (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_12414953.jpg


113系広ヒロF17編成、湘南色です。113系湘南色は先月まで4編成有りましたが、
日根野から転属して来た40Nの113系P編成の投入でF1編成が廃車となりました。
今後も湘南色は減少しそうです。
      113系F17編成   五日市~新井口      2012年3月14日
a0251146_2059513.jpg


 こちらは広電宮島線鉄道路線区間です。すべての電車が連接車です。
写真は当線で最も本数の多い5000形クリーンムーバーの第一編成5001広島駅行きです。
   5000形  5001編成  五日市~鈴峯女子大前  2012年3月13日(以降特記無きは同日付)
a0251146_23342567.jpg


     3800形  3802編成  広島駅行き
a0251146_23521841.jpg


     3900形  3903編成  宮島口行き
a0251146_23401171.jpg


      3950形  3952編成 宮島口行き  全検明けでしょうか綺麗です。 2012年3月14日
a0251146_1420104.jpg

 
こちらは、NHK大河ドラマ、平清盛広告車の5008編成  宮島口行き
a0251146_23415148.jpg


  JR線に移動しまして、JRFEF210貨物列車 朝方のラッシュ時の貨物列車は鈍足です。
a0251146_23423857.jpg


  岩国発広島行き544M。岩国待機の1533M+539Mを併結したデイタイムの8連。
    ダイヤ改定後はどうなるでしょうか? 115系広セキC24編成+広ヒロL編成。
a0251146_2343913.jpg


  103系3連のD02編成  広行 540M           2012年3月20日
a0251146_564159.jpg


  工臨EF651128  予定外でしたので少し慌ててしまいました。 2012年3月14日
a0251146_1355069.jpg



            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-03-13 23:53 | 広島電鉄 | Comments(4)
2012年 03月 10日

山陽本線のメトロ車



 最寄の山陽本線では日立製の新車の甲種輸送が頻繁に行われます。主に関東方面
へ運ばれる新車の搬送路ですね。牽引機は主としてEF66100番台、EF200でEF210は
甲種牽引には入らないようです。
最近では、いわゆるAトレインと呼ばれるアルミ車を採用している関東私鉄・メトロ・JREの
車両達ばかりです。やはり数的にはメトロ車が最も多く、次は東武車、JRE,西武といった
面々です。最近の新車は没個性的な車が多い中、Aトレイン系の車両は前面デザインが
個性的で各々に特徴があって宜しいと思います。
 メトロ車では、最近の16000系、15000系、それから数多くの10000系が山陽本線・東海道
本線経由で甲種輸送されて行きました。
 大分以前に西武6152Fアルミ車が踏切り事故で小破した折には、生まれ故郷下松の日立
製作所まで修理のために山陽路を往復したことが有りました。



 写真は昨日のメトロ16000系16114F。牽引機はEF66130で最後尾には”ローレル賞”受
賞のマークが貼られていました。川重だけかと思ったら、日立製も有ったんですね。  
   (各写真はクリックで原寸となります)     五日市~新井口  2012年3月9日
a0251146_2354153.jpg


こちらは、昨年頻繁に見られたメトロ15000系です。途中で牽引方向が変わるのでしょうか、
後部もシートに覆われていました。   15108F  西広島~横川  2011年4月21日
a0251146_23543948.jpg


10000系大量新製の頃、頻繁に甲種輸送が見られました。あの丸い正面には驚きました。
                   10134F   五日市~新井口    2009年11月20日
a0251146_23552821.jpg



何時も同じような写真ですので、少し違った撮影地を捜そうと思ってはいるのですが・・・。     


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)   

by tetudankai5501 | 2012-03-10 23:59 | 甲種輸送 | Comments(5)
2012年 03月 09日

西武411形

a0251146_5132112.jpg



 西武411形は昭和39年から同43年に亘って製造された、Mc+Tcの2両固定編成の足回
り中古部品流用新造車で、同時期に製造されたカルダン駆動の701形と並行して作られ
ました。前面形状は切妻で451形と同形態ですが、側面は701系と全く同じ仕様で451形と
701形との折衷型となりました。車内造作は701形とほぼ同じでした。
 車体形態は製造時期により一次型411~422、二次型423~429で、二次型から西武新造
車初の雨樋を上方に上げた張上屋根に近い形状となり、以降の801・101形に引き継がれます。
一次型も細部については、縦雨樋の埋め込みの有無の相違が有りました。
 昭和47年、乗り心地改善の為従来のTR14から新製FS40への台車置き換が行われ、吊り
掛け車ながら空気バネ台車に履き替えられました。
 さらに昭和53年以降には、701形冷房改造、HSC制動化工事と同様の改造が施工され
Mc+Mc全電動車方式で冷改が行われ、塗装も701形同様レモンイエローへと模様替え
し、FS372台車を履いた高性能車に生まれ変わることとなります。
 なお改造は元クモハを偶数車に揃えたため奇数Mc編成の方向転換が実施されています。
 淘汰は平成2年から始まりますが、2両編成冷房付きで有ったので、19編成全車が他私鉄
に譲渡されました。




前面451形、側面701形との折衷形です。 414+1453 上石神井   昭和43年
a0251146_11424837.jpg


  所沢工場新製出場の415+1456  所沢   昭和40年
a0251146_5204781.jpg


  張り上げ屋根となった第二次車 423F 423+1464  井荻  昭和42年
a0251146_5231856.jpg


  上同編成 クハ1464       上石神井   昭和42年  (H氏撮影)
a0251146_525312.jpg


   拝島線にて   414+1453  西武立川~拝島   昭和43年
a0251146_5274753.jpg


  萩山にて     413+1454   昭和40年
a0251146_12291532.jpg


   

  番号変遷と譲渡表


新製時吊掛   高性能化      譲渡 
411+1452→ 402+401→ 三岐 101+102
412+1451→ 404+403→ 近江 801+1801
413+1454→ 406+405→ 三岐 103+104
414+1453→ 408+407→ 上信 151+152
415+1456→ 410+409→ 三岐 105+106
416+1455→ 412+411→ 近江 811+1811
417+1458→ 414+413→ 近江 807+1807
418+1457→ 416+415→ 近江 803+1803
419+1460→ 418+417→ 近江 805+1805
420+1459→ 420+419→ 近江 保留中
421+1462→ 422+421→ 近江 806+1806
422+1461→ 424+423→ 近江 804+1804
423+1464→ 426+425→ 近江 802+1802
424+1463→ 428+427→ 近江 810+1810
425+1466→ 430+429→ 近江 821+1821
426+1465→ 432+431→ 近江 822+1822
427+1468→ 434+433→ 近江 808+1808
428+1467→ 436+435→ 近江 809+1809
429+1470→ 438+437→ 近江 701+1701


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-03-09 01:08 | 西武鉄道 | Comments(10)
2012年 03月 08日

東武伊勢崎線  昭和40年頃



DRC
a0251146_3104557.jpg



 東武伊勢崎線は、西武線と同じ埼玉県を走る鉄道ですが、同じ県内にあっても
北東部と西部とでは、地勢が異なり昭和30年代にあっては、東武沿線はその多く
が田園地帯でしたが、松原団地など新興団地も開発が始まり、東京への通勤圏が
拡大しつつある状況でした。その様な状況下の昭和37年、営団地下鉄日比谷線
との相互乗り入れが始まりました。一方西武鉄道沿線は、武蔵野台地や狭山丘陵
の雑木林や田畑の間を走る郊外電車でした。
車両も東武が日光という観光地を持ち特急等早くから優等列車を運行し国鉄日光
線と競っていたのに対し、西武はこれといった観光地も無く、車両は全部通勤型の
セミ新車主体という大変地味な鉄道で、地下鉄乗り入れなど遠く及ばないところで
した。
西武沿線住民は東上線は比較的身近な存在でしたが、東武本線となると殆ど縁が
無かったと思います。西武沿線民だった私も、東武本線には疎遠でしたが、営団地
下鉄車が地上線を走る姿が珍しく、西武線では見られない光景を眺めに時々遠征
したものでした。
 地下鉄相互乗り入れは、当初は北越谷まででしたが、昭和41年に北春日部まで
乗り入れ区間が延長されています。
 特急DRCや地下鉄用新鋭2000系、営団3000系、在来通勤車7800・7300系
等多彩な車種で楽しめました。新型通勤車8000系の登場は昭和38年度からでした。



   営団3000系 3005F4連の北越谷行。乗り入れ当初は4連でした。
       竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_3173679.jpg


   同じく営団車3000系 3007F  人形町行  竹ノ塚~谷塚  昭和37年
a0251146_320345.jpg


   こちらは東武の乗入車新鋭2000系  営団車に合せて18m車になってしまいました。
       竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_421029.jpg


   貫禄のDRC1720系特急「きぬ」   竹ノ塚~谷塚    昭和37年
a0251146_323138.jpg


特急車1700系改造後の姿     武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_1823199.jpg


   国鉄型7312改造前の原型     草加付近       昭和37年
a0251146_323457.jpg


    5700系 急行運用        昭和37年
a0251146_3242524.jpg


    多様な形式が繫がっています。   赤城・伊勢崎 準急  武里~一ノ割   昭和42年
a0251146_3253747.jpg


    5310系          武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_1851335.jpg


   2000系 6連  中目黒行き   武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_3261799.jpg


   同じく2000系            武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_18113749.jpg


   2000系  北春日部行き     武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_327718.jpg


   新鋭6000系        武里~一ノ割      昭和42年
a0251146_3282665.jpg


   同じく6000系       武里~一ノ割       昭和42年
a0251146_1855750.jpg


   8000系 初の地上線高性能通勤車登場!   武里~一ノ割    昭和42年
a0251146_329890.jpg



東武東上線昭和37年はこちらです。


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-03-08 00:10 | 東武鉄道 | Comments(14)