団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記

tetu5501.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 28日

115系40N車




a0251146_20521850.jpg



 新車に縁のない広島支社にあって、最も近代的な姿をしているのが、体質改善40N施工済みの
115系L編成でしょう。L-01~L-22まで計22編成88両を保有しますが、L-14~L-22はより簡易な30N
施工で外観は従来のままです。全車4両編成で朝・夕は2ユニット連結の8連でも運転されますが、
下関車との併結もありますので、3扉車と2扉車との混成も日常的に存在します。
115系40N車も濃黄色単色塗装車が出現しています。今まではL-03・09編成でしたが、4月にL-06
編成も単色化されました。
最近、単色編成が目立って増えて来ました。広島更新色は多種有る115系塗装の中でもシックで落
付いた配色で好きなのですが、次第に減少してゆくのは寂しい限りです。最近113系の関西更新色
の40N車が多数広島に転属となっていますが、こちらは基色がベージュ色なので広島色より暗い感じ
なのです。




 広島更新色の115系L-07編成         2012年6月  
                         (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_21532393.jpg
 


          
 最近単色化して出場した、115系L-06編成         2012年4月
a0251146_04327.jpg


L編成40N車L-07他8連          2012年4月
a0251146_153439.jpg


こちらは本来の広島更新色L-05編成    2012年6月
a0251146_19115936.jpg


広島更新車色の40N車は、残り9本となりました。8連で揃った編成もかなり希少となってきました。
広島更新色40N車L-05他8連   2012年4月   桜が満開でした。
a0251146_06934.jpg


同じく40N車L-12他8連       2012年4月  
a0251146_064328.jpg


同じく40N車L-13他8連        2011年5月
a0251146_014538.jpg


同じく40N車L-05他8連           2011年5月
a0251146_074099.jpg


同4連L-07                   2012年4月
a0251146_22441773.jpg


同8連 L-07+L-04           2012年7月
a0251146_2243657.jpg


同4連L-01     2011年4月   玖波~大野浦
a0251146_23351486.jpg


八幡川を渡る40N8連           2012年4月
a0251146_095117.jpg


L-13+L-07の40N8連    西広島~横川   2012年5月
a0251146_2145347.jpg


L-10+L-08の40N8連 1533M  広島駅   2012年6月7日
a0251146_16411773.jpg


1番線から下り本線に渡る同列車   広島駅   2012年6月7日
a0251146_16441257.jpg


八幡川を渡るL-10+L-07 8連    新井口~五日市   2012年8月
a0251146_21315595.jpg
 
 

                  (ブログ内写真・記載内容の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい)

追伸 コメントを頂いた1005-1006-2003様の仰る101系試作車は斬新な形で私も好きでした。

115系の張り上げ屋根の断面はこの様な形状です。
a0251146_072564.jpg


お知らせ・・・「P-02編成も登場 広島の113系・105系・103系近況」を一部改訂しました。

        カープトレイン快走も一部更新しました。

by tetudankai5501 | 2012-04-28 21:57 | JR西日本 | Comments(4)
2012年 04月 26日

青森から大沼・白老へ  昭和38年

 昭和38年、北海道に行った際の写真です。鉄道撮影が目的では無かったので、何とも少ない写真
枚数です。当時はSLの天下でしたので、再度訪問したかったのですが果たせませんでした。


 キハ56車窓より函館本線大沼付近ですれ違ったキハ82系特急”おおぞら”号
a0251146_20105137.jpg


こちらは、室蘭本線白老付近を行く普通客レです。牽引機はC551でした。現在は梅小路に居ますね。
a0251146_20114282.jpg


同じく、白老付近にてキハ22+キハ56の気動車列車です。
a0251146_20121924.jpg


当時青森駅で連絡船に貨車を押し込んでいた96。
a0251146_012583.jpg


青函連絡船 松前丸
a0251146_0133890.jpg



               (ブログ内写真・記載内容の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい)

by tetudankai5501 | 2012-04-26 20:16 | 国鉄時代 | Comments(6)
2012年 04月 21日

西武311形 その1

315+1316+451系の6連池袋行き各停  ひばりヶ丘~東久留米   昭和43年
                             (各写真はクリックで原寸になります)
a0251146_23331359.jpg



 戦後の運輸省規格63形の供与を辞退した西武は、独自の車両確保の術として省電の戦災焼け電を
掻き集め自社で興した車両工場(所沢工場)で復旧することで車両確保の方策を確立しました。
 集めた車両は、東京近郊の国電電車区に放置されていた旧30・31・50系の17m車群でした。
戦災復旧車の他にも、事故車、譲り受け車等も含まれて居ます。また旧木造車や焼け電の台枠を利用
し車体を新製した鋼体化車等も有り多彩な前歴の持ち主達でした。
 修復された車体は、それぞれ原型に忠実に復旧され、鋼体化車は国電50系を模した車体となりました。
31系復旧車はモハ331~340の10両とクハ1305~1308の4両、30系復旧車はクハ1301~1304の4両
50系復旧車又は鋼体化車はモハ311~330の20両、クハ1311~1330の20両です。
 今回はその内、いわゆる50系タイプの311系を集めて見ました。
当初は国電同様に足回りはTR14・22・25で主電動機もMT15・30等が用いられましたが、昭和29年度
以降の新製車(501系第一世代)が登場するとTR22・25を履いたMT30付きの車は新製車に台車を譲り
最終的に全てTR14台車と大多数がMT4の85Kw主電動機に格下げされています。
501系第一世代はその後登場した501系第二世代に再び足回りを譲り、いわゆる西武独特の足回りの
たらい回しが行われています。
 出場当初は勿論腰下茶色、窓周り黄色の旧西武カラーで車内もベージュ系ペンキ塗りつぶし、後年は
20W蛍光灯、細枠アルミサシュの採用、ファンデリア(2基)取り付け等国電同型車に較べ接客設備は
優れておりました。
 車体は320~330が(除く325・326)いわゆる張り上げ屋根タイプで優美な形態でしたが、相棒のクハに
は残念ながら張り上げ屋根の車は在りませんでした。
制御装置はCS5でいわゆる国電標準機器を搭載していたので、後のカルダン車グループを含むの赤電
とは、何れの形式でも連結可能でした。
 淘汰は昭和42年から始まり、同48年には全廃されています。

 譲渡は以下の通りで余り多くは有りませんでした。
314→伊豆箱根157
315→伊豆箱根158
328→弘南1122
1319→弘南1612


311F  1312+311   ひばりヶ丘~東久留米    昭和38年
a0251146_23454058.jpg


313F  1314+313   秋津~所沢   昭和38年
a0251146_23471893.jpg
 

323+1324ほか  張り上げ屋根が優美でした    小手指区  昭和43年
a0251146_235174.jpg


325は鋼板屋根でしたが、張り上げタイプでは在りませんでした。   東村山付近  
a0251146_116051.jpg


329+1330      小手指区    昭和43年
a0251146_23584580.jpg


1319+320 小手指区    昭和42年
a0251146_1834255.jpg


330Fほか4連  玉川上水・多摩湖行き    昭和39年
a0251146_013628.jpg
 

クハ1330   ATS装備車は台車がTR11になりました。     昭和43年
a0251146_06992.jpg
 

1316(左)と318(右)   小手指区   昭和44年
a0251146_19371916.jpg


413と並んだ321    小手指区       昭和43年
a0251146_074676.jpg


322F+701系の準急池袋行   秋津~所沢    昭和38年 
a0251146_0113464.jpg
 

廃車となった312。後ろは1303のようです。  小手指区     昭和42年
a0251146_0142538.jpg
 



                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)
             

by tetudankai5501 | 2012-04-21 00:21 | 西武鉄道 | Comments(14)
2012年 04月 17日

P-02編成も登場 広島の113系・105系・103系近況


日根野から転属第二陣P-02編成  P-01同様関西更新色のまま出場です。
                    横川駅    2012年5月 
                             (各写真はクリックで原寸になります)

a0251146_257924.jpg



 113系では、日根野電車区所属だったHG404~408までの40N体質改善施工車
4連5本と、宮原運転所所属だったS34(40N京都緑色)、S37(両端クハのみ40N施工)
及び6連のS1(40N施工)が既に下関の幡生工場に送られ、その内HG408がP1編成、
HG405がP2編成として広島運転所に転属となっています。後続も追って出場すると
思われます.
 広島運転所の113系F編成合計17本の内、既に湘南色のF1とF5編成が玉突きで
廃車となりました。今後非体質改善車を中心に代換え廃車が増加すると思われます。

広島運転所113系現有勢力はF編成15本、P編成2本計17本で合計両数68両。

次に105系は全て2連で、3扉K01~06と4扉(元103系1000番台)K07~14までの
計14本で合計両数28両。

最後に103系は現在3両編成ワンマン対応のD01~D03の3本で合計9両が所属
しています。
 上記の関西圏113系の大量転入によって、113系以外にも変化が生ずる可能性も
有るかも知れません。



広島駅に進入するP-02編成。下り方は貫通幌付きです。      
3942M呉行となります。         2012年4月
a0251146_2012428.jpg


同P-02編成呉線3942M       広島駅    2012年4月
a0251146_20311555.jpg


同P-02編成岩国行き637M    五日市~新井口   2012年4月
a0251146_12564638.jpg


P02+F08 8連の634M広行      西広島~横川   2012年4月
113系は糸崎(呉線経由)・由宇間と運行範囲が狭いので、比較的捕え易いのです。
a0251146_20382897.jpg


こちらは一足先に就役のP-01編成とF-07編成の8連 6544M   横川 2012年5月
前は関西更新色、後が広島更新色。違いが明瞭です。
a0251146_1753248.jpg


同じく、P-01編成     五日市~新井口     2012年4月
a0251146_1565828.jpg


更なる減少が予想される湘南色未更新F編成 F-02編成    2012年4月
a0251146_2032513.jpg


最近は希少となってきた湘南色8連 F-17他        2011年5月
a0251146_1334385.jpg


既に廃車となったF-01編成   新井口~西広島     2011年5月
(湘南色F-06が2012年5月1日幡生へ廃車回送されました。湘南色残りはF-02・F-17の2本です。 )
a0251146_3104129.jpg


F-16+F-10   西広島~横川   2012年4月
a0251146_0472660.jpg


30N,40N混成のF13編成他8連   五日市~新井口   2012年4月
a0251146_12481443.jpg


105系K-06+K-01 濃黄色塗装     広島駅    2012年5月
a0251146_1195739.jpg


105系4扉車 K-09編製 旧103系1000番台   広島駅     2012年4月
a0251146_2033107.jpg


105系3扉車 K-04編成                 広島駅   2012年4月
a0251146_2044579.jpg


105系3扉車   K-07編成    西広島~横川   2011年4月
山陽本線横川以西に入るのは珍しいです。
a0251146_20335015.jpg


同上K-07編成         西広島~横川   2011年4月
a0251146_0504655.jpg


103系D-03編成と105系K-07編成   広島駅    2012年4月
a0251146_21535384.jpg

 
103系D-03編成     八幡川橋梁         2012年4月
a0251146_1363064.jpg


103系D-01編成      西広島~横川    2011年5月
a0251146_20395382.jpg


  記事内数値等誤りが有ればご容赦下さい。

                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)
   

by tetudankai5501 | 2012-04-17 20:45 | JR西日本 | Comments(0)
2012年 04月 16日

カープトレイン快走


去る3月25日に登場して以来、山陽路を岡山県から山口県に至るまで連日快走の115系L-02編成。
真っ赤な目立つ車体で、沿線乗客にも注視の的です。沿線でその姿を追って見ました。


a0251146_2156579.jpg



広島駅を発進するL-02カープトレイン 345M     2012年5月
a0251146_19573088.jpg



出場お披露目の初日     広島駅       3月25日
                             (各写真はクリックで原寸になります)
a0251146_20393041.jpg


連日山陽路で活躍するカープトレイン 349M  玖波~大野浦  2012年4月
a0251146_1237425.jpg


同じく同列車 1545M    新井口~西広島      2012年4月
a0251146_22472145.jpg


時折、岩国以西にも入ります。3363M   大畠~神代     2012年5月
a0251146_121139.jpg


満ち潮の時に   3337M   2012年6月10日
a0251146_4141963.jpg


由宇付近にて   5146M   2012年6月10日
a0251146_4324998.jpg


同じく同列車 536M   五日市~新井口      2012年4月
カープレッドが目立ちます。ラッピング終了後は元の更新色に戻るのでしょうか?。はたまた・・・
a0251146_1241931.jpg


カープトレインある日の運用 336M→343M→1554M 運用は毎日変わります。   2012年4月
336M     西広島~横川      
a0251146_1948747.jpg


343M     五日市~新井口
a0251146_19492513.jpg


1554M    西広島~横川
a0251146_19502539.jpg


L-02(カープトレイン)+O-02 2627M 広島駅   2012年6月
a0251146_3443332.jpg


こちらは、L-02+L-09 2012年5月
a0251146_4115312.jpg



 
                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)

by tetudankai5501 | 2012-04-16 20:47 | JR西日本 | Comments(2)
2012年 04月 09日

広島の115系近況

L05編成         新井口~西広島      2012年4月
                                 (各写真はクリックで原寸になります)
a0251146_1632966.jpg


N03編成         新井口付近         2012年4月
a0251146_1919356.jpg




 JRW広島支社所属の山陽、呉、可部線用車両は、115・113・105・103系といった面々で
皆昭和時代の製造で相当年期の入ったものも数多く、そろそろ世代交代が期待される
ところです。
 今回はその中で最も車輌数が多い115系について簡単に記載致します。115系の山陽
地区の運用範囲は、兵庫県の三石から山口県の下関まで実に400Km以上に達します。
配置は、広島運転所に115系L編成22本。内L1~L13がいわゆるN40体質改善施工車です。
車番は2000代及び1000番代で構成されますので、全て3扉4両編成です。
一方下関車両所にはN編成2扉3000番代12本、N編成2扉3500番代(中間M・M'は元117系)
が7本、その他、両端2扉中間3扉の混成O編成2本、その他は3扉車でC編成17本、O編成
2本、G編成3本、H編成1本の陣容です。更に2両編成のT編成が4本有ります。
各編成名の由来は私は判りませんが、特に下関のC・G編成は相当古い個体が数多く含まれ
ています。
纏めますと、
広島運転所(広ヒロ)L編成22本   計88両
下関車両所(広セキ)N編成19本、C編成17本、O編成4本、G編成3本、H編成1本、T編成(2連)4本  計184両
             
広島+下関  総計 272両




左L01(広ヒロ)、右N16(広セキ)編成  西広島~横川   2011年11月
a0251146_2243379.jpg


115系広ヒロ所属L07編成            五日市~新井口       2012年4月
a0251146_22441773.jpg


同上L05編成    西広島~横川      2011年4月
a0251146_15434.jpg


同上L22編成他    西広島~横川     2011年11月
a0251146_19144676.jpg


同上L13編成     新井口付近       2012年4月
a0251146_19171125.jpg


同上L09編成     大畠~神代       2011年10月
a0251146_1402653.jpg


同じくL09編成  115系N40施工車では最初に単色化されました。  2011年
a0251146_18552284.jpg


こちらは先日登場のカープ応援号広ヒロL02編成   2012年4月  
a0251146_1927298.jpg
   

山陽路を連日快走するカープトレインL02編成   玖波~大野浦    2012年4月
a0251146_1913064.jpg


とにかく目立ちます。L02編成   五日市~新井口   2012年4月
a0251146_20011.jpg


ラッピング以前のL02編成   西広島~横川   2011年5月
a0251146_203426.jpg


八幡川を渡るL編成 537M     五日市~新井口     2012年4月
a0251146_2325363.jpg




115系広セキ所属O02編成。 両端3000番代中間2000番代の混成   2011年5月
a0251146_22453291.jpg


広セキ所属中間MM'元117系の3500番代N14・16~21編成  写真はN17編成 2012年4月
a0251146_1857921.jpg


広セキC21編成      西広島~横川     2011年5月
a0251146_22464256.jpg


同上C35編成      西広島~横川     2011年6月
a0251146_3572427.jpg


同上C43編成      西広島~横川     2011年5月
a0251146_325738.jpg


全車広島生え抜の広セキN編成N1~N12  写真はN01編成  八幡川橋梁  2012年4月
a0251146_1975878.jpg


同上N09編成     新井口~西広島     2012年4月
a0251146_351148.jpg


広セキC37編成     新井口付近        2012年4月
a0251146_192163.jpg



尚、最近日根野、宮原から主として40Nの113系が大量に移籍して来ておりますが、113系は
瀬野八越えの運用には使用しないため、単純に古い115系の淘汰には結び付かないようです。


お知らせ  以前の記事「所沢以遠複線化と所沢工」一部写真追加しました。


                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます

by tetudankai5501 | 2012-04-09 22:50 | JR西日本 | Comments(4)
2012年 04月 09日

広電(一部更新しました)

  3951連接車        2012年4月
a0251146_16571788.jpg

 

今回は、地元広電の沿線風景を掲げて見ます。
広島電鉄は、広島市内に軌道線約19Kmと市内から廿日市市へ伸びる鉄道線
約16Kmからなる市内唯一の民鉄です。他に市内西北部に延びる新交通の
アストラムラインが市内中心部が地下鉄、他が高架線として存在しますが、これは
市が株の50パーセントを持つ広島高速交通(株)の路線です。
 さてその広電ですが、軌道線6路線、8運転系統、鉄道線1系統1路線で、鉄道線は
原則市内線と直通運行されます。従って車両形態は全て路面電車であり、過去に
存在した鉄道線専用高床電車は1990年代初頭までに全て用途廃止となりました。
 市内軌道線には新線計画が2路線あり、駅前線(稲荷町~広島駅)と平和大通り
線(西観音町~江波線交差部)の計画がありますが、後者の実現はかなり困難なようです。
(路線名は仮称)
 では、沿線風景を市内から、鉄道線宮島線方面に順に掲げて見ます。
     特記なき写真は全て2011年撮影   (各写真はクリックで原寸となります)


4系統の起点となる広島駅   2012年8月
a0251146_22355188.jpg


原爆ドーム前より市内中央部紙屋町方向を望む  806号単車(ボギー車でも連接車以外は
広電では単車と呼びます)
a0251146_21829.jpg
 

同じ場所で、711と712号車。701~707までは足回り流用の吊り掛け駆動車。711以降は
完全新車です. 
a0251146_222876.jpg


同所にて、連接車3956           2012年3月
a0251146_22423089.jpg
 

原爆ドーム前にて 5011、1915、806、761と整列
a0251146_23297.jpg


本川町から相生橋方面  3804連接車と後方714単車
a0251146_24997.jpg


同じく本川町から土橋方向  3954連接車  後方左右に走るは横川線
a0251146_245034.jpg


土橋にて、小網町方面へ分岐します。 単車1902
元京都市電は、全車固有名詞が付いています。
a0251146_17403514.jpg


小網町電停にて    5005シーメンス製連接車
a0251146_252858.jpg


小網町電停にて    772(旧大阪市電)
a0251146_261288.jpg


西観音電停で平和大通りに入ります。 3805宮島線直通連接車
a0251146_22495644.jpg


同電停にて  3954宮島線直通連接車     2012年4月
a0251146_1273132.jpg


福島町付近にて 単車814      2012年4月
a0251146_234333.jpg


西観音電停付近にて 5101(国産)と5009 共に低床式連接車
a0251146_284966.jpg


福島町付近にて 連接車3956    2012年4月 
a0251146_1292055.jpg


商工センター~鈴峯  JR山陽本線併走区間にて 5009連接車
車輪が殆ど見えないので、浮遊しているかの如しです。
a0251146_1847674.jpg


八幡川を渡ります    五日市~鈴峯   3952連接車  2012年3月
a0251146_1423453.jpg


旧2500形を3連接車体に改造した3100形。現在3編成有りますが何れも朝間時に鉄道線内
のみで運行されます。吊り掛け駆動にトーションバー台車を履き、独特の電制音が特徴です。
 写真は3103編成   五日市~鈴峯
a0251146_2023431.jpg


阿品付近で瀬戸内海が望めます。 3903連接車
a0251146_295979.jpg


同所にて霙降る日  3954連接車  終点宮島まであと二駅です。
a0251146_2105813.jpg


こちらは江波線終点の江波にて    805と913      2012年4月
a0251146_16552712.jpg
  

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-04-09 22:00 | 広島電鉄 | Comments(6)
2012年 04月 08日

ED351

  先日写真箱を漁っていましたら、1枚の電機の写真が眼に留まりました。撮影データを見ると
(印画紙の裏を見ただけですが)昭和43年8月西武所沢工と書いてあります。
車体形状から東洋電機タイプの45t電機ですので、恐らく三岐のED45か相鉄のED10が入場して
いたものと思っていたのです。所沢工では昭和48年に三岐のED45-7の新製も行っています。
 しかしよく見ると、どうもそれ等よりも少し小型の機関車のように見えます。改めてナンバー
プレートを見るとED351。三岐でも相鉄でも無いようです。ED35ということは35t電機という意味
だとすると明らかに東洋電機標準機よりも10tも小型です。気になって調べて見ますと元東武
日光軌道線で使用されたED611で昭和30年東洋電機製の35t機関車だと判りました。*
東武日光線での貨物廃止が昭和43年ですので時期的にも合致します。所沢工場にて鉄道線
向け改造を施し、同年栗原電鉄ED351(二代目)として移籍された機関車でした。機関車の所有
者は三菱金属工業で有ったようです。
 栗原では、三菱の鉱山廃止に伴い、昭和62年に廃車となっています。

*鉄道ピクトリアル バックナンバー


  写真は西武所沢工場で整備中の栗原電鉄ED351(元東武ED611)     昭和43年8月
a0251146_1494041.jpg



  参考ですが兄貴格の相鉄ED13  海老名付近     昭和37年2月 
a0251146_1502556.jpg



                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)


お知らせ  以前の記事「所沢以遠複線化と所沢工」一部写真追加しました。

by tetudankai5501 | 2012-04-08 01:55 | その他 | Comments(6)
2012年 04月 06日

小田急 昭和30年代中頃

    NSE3100系   登戸    昭和38年
a0251146_1084853.jpg



 関東の民鉄は関西と違い、狭軌の会社が多いのですが、私だけかも知れませんが
狭軌の路線のほうが「鉄道」の雰囲気が感じられて好きなのです。正面からみて車輪
幅の広いのはどうも馴染めません。それに昔は貨物列車も走っていましたし、民鉄の
貨車も国鉄線を走っていました。その様な理由かどうか良く判りませんが、在京民鉄
では、西武の他に東武・小田急に親しみを持っていました。東急や井の頭線は狭軌で
はありますが、些か雰囲気が違います。
 小田急も昔貨物輸送をしていました。西武E21と親戚のデキ1010形などが砂利貨物
列車を牽いていました。
特急用車輌はSE車や後継のNSE車の登場で、1900・1700・2300・2320形が格下げ一般
車として用いられ、通勤用車輌は2200形から始まった高性能車が2220形4両編成に進化
、更に経済性を加味した2400形(HE車)の本格増備が昭和35年度から始まりました。
昭和39年度からは、初のオール20m4扉の大型車2600形(NHE 車)の新造が始まります。
小田急一般車のアイボリーに青帯化は昭和44年から始まり全通勤車に及びましたが、
今回は茶色から青・黄色塗装への過渡期であった、昭和30年代中期に撮ったものです。
旧型車のHB車達は最後まで茶色一色でした。



   1213を先頭にしたHB車4連    向ヶ丘遊園   昭和37年
a0251146_9433367.jpg


   1400形+1200形×2           大和     昭和37年
a0251146_9444079.jpg


   こちらも1464を先頭にしたHB車3連          昭和37年
a0251146_945913.jpg


   初の高性能車2200形2216 2連    海老名       昭和37年
    写真左側の一帯は現在車輌基地になっていますね。
a0251146_946199.jpg


   1800形茶色時代の2連です。    大和     昭和37年
a0251146_9463564.jpg


   1900形2色化後の姿ですが番号が判りません。    昭和37年
a0251146_9474622.jpg


   2220形2236他4連急行箱根湯元行き      昭和37年
a0251146_9481474.jpg


   そして量産経済車HE2400形 2454  急行箱根湯元行き   昭和37年
   少しブレています。1/500までしか無いカメラだったのですが、何時もの西武線ではブレませんでした。
a0251146_9484483.jpg


 国鉄御殿場乗入れ用キハ5000形。5000形は昭和30年製の一次型と昭和31年製の2次型5100形   各2両が有りました。御殿場線電化後は4両とも関東鉄道に移籍しました。
a0251146_9505772.jpg



                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)  

by tetudankai5501 | 2012-04-06 11:01 | 小田急電鉄 | Comments(4)