2017年 02月 02日

西武狭山スキー場急行



 狭山スキー場は昭和34年に狭山湖駅近傍に作られた人工スキー場ですが、
当時狭山湖駅近くに既設されていたユネスコ村と合わせて西武狭山線の集客
対策として建設された施設です。
 開業当初から直通列車が運転されていたと思われますが、後に狭山スキー
場行き直通急行列車が池袋~狭山湖間で運行され当列車には前後にスキー
板を模したヘッドマーク取り付けられました。
 列車は途中練馬・石神井公園・田無町(ひばりが丘)・所沢・西所沢に停車
したと思われます。
 編成は常時2両で使用車両は、311・351・411系等2両編成車は何でも使わ
れました。

狭山湖駅は後の昭和54年に西武球場前駅として再出発しますが、狭山スキー
場は平成の今日まで57年間の永きに渡って営業されていることになります。




写真は、昭和38年から昭和40年頃の撮影です。
                    各写真はクリックで原寸となります

 411系狭山スキー急行   西所沢 昭和40年    友人H氏撮影
a0251146_22225225.jpg

 1303+352 狭山スキー場急行 清瀬     昭和38年
a0251146_22233534.jpg

 1311+312 狭山スキー急行  清瀬駅    昭和38年
a0251146_22231365.jpg

 316+1315 狭山スキー急行   清瀬    昭和38年

a0251146_22234978.jpg

          以上です。ご覧頂きありがとうございます。

                    ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。

# by tetudankai5501 | 2017-02-02 22:28 | 西武鉄道 | Comments(0)
2017年 02月 01日

武蔵野冬景色・・再掲




2月になりました。今回は過去記事2月の「武蔵野冬景色」に写真追加をして再掲いたします。



  
武蔵野冬景色

もう半世紀も経ちましたが、昭和42~44年は特に降雪日が多く、関東でも良く積もりました。
雪景色の中を行く電車の姿が好きで、雪が降るとカメラを携え沿線に出掛けて行きました。
この時は所沢近辺でも30Cm位の積雪となり、ひざ辺りまである雪の中ひたすら赤い電車を
待ち、雪塗れになりながら撮っていました。
関東の雪は、これから2月、3月の南岸低気圧通過時に良く降ります。

掲載写真は、昭和42年2月11日から12日にかけて撮ったものです。



 513F2M4T(下り西所沢行き)425F(上り池袋行き)  秋津~所沢
                                 (各写真は、クリックで原寸となります)
a0251146_01041236.jpg

425F は420番台では唯一中間サハの4連でした。   秋津~所沢
a0251146_01083698.jpg

 505F準急池袋行き。昭和36年最初に赤電塗装となった編成でした。
a0251146_01353399.jpg

 上記 513F2M4T。2M4Tは池袋線で用いられ、サハ1551型2連5本を501系15本で持ち回りで挟んでいました。
a0251146_01232425.jpg

 これは、505F準急飯能行き。こんな大雪でも準急など優等列車も運転していました。
  秋津~所沢
a0251146_3115724.jpg

553F 西所沢行き。西武車は551系が出現する昭和36年まで一部を除き全て手動窓拭きでした。雪の時は大変だったと思います。 
a0251146_02552836.jpg


 左狭山湖行き311型急行、右池袋行き701系準急。共に番号不詳    秋津~所沢
a0251146_3124261.jpg


 池袋行き711F各停   秋津~所沢
a0251146_01252905.jpg

a0251146_02152736.jpg
701系準急飯能行き。
a0251146_15374046.jpg

当時列車種別板は方向幕を使用する701系に小型の物が使われました。
最初は方向幕内に種別表示も併記しましたが、後に種類が増えたために独立掲出となりました。
a0251146_17090177.jpg

こちらは新設された小手指検車区横を行く上り列車。609F他 
a0251146_31827.jpg

 小手指信号所まで上がってきた、西所沢止まり列車です。
 当時の運転士さん、皆マイ座布団持ってましたね。運転席が丸椅子で貧弱でした。 
a0251146_3185363.jpg


601系臨時飯能行き。  小手指(信)~狭山ヶ丘 この日はダイヤが乱れていて小手指(信) 
仕立ての下り営業列車ですが前サボが空です。
前サボは駅扱いですので、信号所には有りませんでした。
a0251146_23655.jpg

狭山ヶ丘を発つ臨時飯能行き。こちら側は手書きです。
a0251146_13144242.jpg

 E52の牽く貨物列車。タキ車は稲荷山公園駅(貨)止めと思われます。 小手指(信)~狭山ヶ丘  
a0251146_3211328.jpg

 上同列車 木造緩急車ワフ11 哀愁漂う後姿懐かしいです。E851が現れるのは2年後の9月です。
 新製F級電機が西武線を走る事など、当時は考えも及びませんでした。
a0251146_3223532.jpg

  西武赤電全盛の頃でした。

           以上です。ご覧頂きありがとうございます。

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

# by tetudankai5501 | 2017-02-01 01:28 | 西武鉄道 | Comments(4)
2017年 01月 19日

雪晴れの可部線



 今年の3月ダイヤ改正から可部より先「あき亀山」までの復活延伸
開業が予定されている可部線。試運転列車は可部で客扱い終了後
そのまま新線区間1.6Kmを往復した後、再び可部駅から上り列車と
なり広島へ向かいます。





                          (各写真はクリックで原寸となります)
雪晴れの可部線、何時もの太田川橋梁です。 227系794M      2017年1月16日
a0251146_23203628.jpg

  可部線227系771M。                       2017年1月17日
a0251146_2253675.jpg

  可部線227系774M。                       2017年1月16日
a0251146_22252083.jpg

  可部線227系778M。                       2017年1月16日
a0251146_219344.jpg

  可部線227系791M。雪雲が流れて来ます。 2017年1月16日
a0251146_2205674.jpg


  広島を発つ可部線可部行き227系805M。          2017年1月15日
a0251146_22581932.jpg

  広島に到着する可部線広島行き227系802M。       2017年1月15日
a0251146_2331096.jpg

 
  可部線227系780M。                       2017年1月17日
a0251146_2234729.jpg

  可部線227系769M。                       2017年1月17日
a0251146_2353525.jpg


          以上です。ご覧頂きありがとうございます。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。)

# by tetudankai5501 | 2017-01-19 23:11 | JR西日本 | Comments(0)
2017年 01月 18日

115系湘南色D-26編成入場



 JRW115系岡オカD-26編成は、同D-27編成と共に湘南色を維持
する希少な編成ですが、本日所属の岡山電車区から下関総合車両所
(S・S幡生工場)へ検査入場の為回送されました。
岡山に残る湘南色2編成は、検査での単色化(濃黄色化)は実施せず
湘南色を維持することが発表されています。幡生工場出場時には美し
く再塗装された湘南色が見られるものと期待します。




   幡生工場入場の為、岡山から下関へ回送される岡オカD-26編成。
   回9343M  山陽本線西広島~新井口      2017年1月18日
                          (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_19462581.jpg

a0251146_3113150.jpg

a0251146_19464228.jpg



          以上です。ご覧頂きありがとうございます。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。)

# by tetudankai5501 | 2017-01-18 19:48 | JR西日本 | Comments(0)