団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記

tetu5501.exblog.jp
ブログトップ

タグ:甲種輸送 ( 3 ) タグの人気記事


2017年 06月 02日

EF66-33+35系客車甲種輸送


SL列車やまぐち号用次世代新製客車35系4000番台5両が新潟トランシスにて完成、
黒山から新山口に向け6月1日から2日にかけて甲種輸送されました。
従来のレトロ風客車とは異なり、旧型客車を忠実に現代に蘇らせた素晴らしい仕上
がりの新製「旧型客車」です。
各車側扉は自動引き戸で押しボタン付き、連結部側幌、ベンチレータはガーランド
式(ダミー?)ですが、スハテはダブルルーフ仕様となっておりました。台車は各
共 WTR251エアサス台車です。

 甲種列車牽引機は新潟(タ)→吹田(タ)EF510-501、吹田(タ)→新山口EF66-33と
かつての旅客牽引機が奢られたのは偶然では無いと思われます。




写真はクリックで拡大します。
  山陽本線を下る35系新製客車甲種列車    
  EF66-33牽引 8863レ    神代~大畠   2017年6月2日
a0251146_18385928.jpg


  客車の編成は(新山口)オロテ354001+スハ354001+ナハ354001+オハ354001+スハテ354001(神戸)
a0251146_18392643.jpg

a0251146_18394570.jpg

a0251146_1840513.jpg


a0251146_19103706.jpg

 道中昨晩は近畿地方にて大雨で一時抑止、今朝方は山陽本線にて一時運転見合わせ等が有りましたが、
 大きな遅れにはならなかったようで、本日昼過ぎに無事新山口に到着しております。




以上です。ご覧いただき有難うございます。
ブログ内記事、写真の転載はご遠慮下さい。

by tetudankai5501 | 2017-06-02 18:48 | JR西日本 | Comments(0)
2017年 05月 08日

JR北新型マヤ35形完成


JR北海道が日立製作所に発注した新型軌道検測車マヤ35形がこの程完成、
5月8日に山口県下松から北海道手稲に向け甲種輸送にて発送されました。

現車はJRのイラストに有ったラッピングは未だ施されておらず、ベースカラーの緑
色単色での輸送となっていました。又今回の輸送には緩急車ヨ8902が添乗員用
に連結されております。





写真は日立笠戸事業所製造JR北マヤ35甲種輸送列車。       

                    各写真はクリックで原寸となります。
  山陽本線を一路北海道に向かう甲種輸送列車8862レ。      下松→手稲
  手稲到着は12日のようです。                 2017年5月8日
a0251146_21460640.jpg
a0251146_21462099.jpg

  出発準備の整った8862レ。牽引機はEF200-19吹田)     2017年5月8日
a0251146_21471752.jpg

  以下下松駅にて甲種組成中の同列車です。
a0251146_21475400.jpg
a0251146_21480471.jpg
マヤ35-1
a0251146_21482261.jpg
後方からヨ8902・マヤ35-1・EF200-19
a0251146_21483851.jpg
a0251146_21485251.jpg


  延べ5日間の長旅です。ヨの車中で過ごす添乗員の方は大変だろうと思います。


          以上です。ご覧頂きありがとうございます。

                    ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。

by tetudankai5501 | 2017-05-08 21:50 | JR北海道 | Comments(2)
2012年 01月 16日

日立製新造車甲種輸送(1)


 今回は時間を50年程戻して現代の話です。
 西武の新車がアルミ製になってから、製造は全て下松の日立製作所笠戸工場ですね。
幸いにも新車甲種輸送は山陽本線経由ですので沿線住民の私には好都合です。
現在は30000系が毎年2本程度新製されていますが、工場出場は金曜日で2日掛かりで
小手指まで甲種輸送されます。数年前に退職し時間的に自由の身に成ってからは毎回
近場の山陽線沿線で待ち構えています。下松発車は昼過ぎなので、撮影には好都合な
時間帯に通過してくれます。西武電車甲種は、この辺りでは例えば東のE657甲種時の様
に同業者の方が居られる様な事はまず無く、何時も一人なのも落ち着きます。
一昨年のスマイル第7編成以来一応欠かさずに写しております。まあ毎回機関車が違う
位で電車そのもは全く同じなのですが、西武沿線とは違う景色を楽しみに撮影しています。

 近場で気に入った撮影場所となると、それほど多くは有りませんので、自ずと似たような
写真となってしまいます。もう少し場所探しをすれば良いのでしょうが、最近はそこまで気力
と体力が有りません。
何時も30000系なので、さすがに近頃はレッドアロー第三世代でも登場してくれないかなあ
と贅沢な夢を見ております。

 38107F 2009年11月 山陽本線 新井口付近(各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_11245191.jpg


    38108F   2010年 6月  山陽本線 大畠付近
a0251146_11253996.jpg


    38109F   2010年 6月  山陽本線 五日市
a0251146_11261640.jpg


    38110F   2011年10月  山陽本線 西広島~横川 
a0251146_2171566.jpg


同上38110Fと牽引機EF200-11      
a0251146_11132375.jpg


    38111F   2011年10月  山陽本線 大畠付近
a0251146_11281695.jpg


隣の東武もこのところ皆日立製、メトロの10000、15000系もよく通りました。
    メトロ10034F  2009年10月   山陽本線 新井口付近
a0251146_11291830.jpg


    メトロ15112F  2011年 6月   山陽本線 広島~横川
a0251146_1129532.jpg


    東武 51076F  2011年11月   山陽本線 西広島~横川
a0251146_11302869.jpg



  JR東E657 第一編成 2011年5月 西広島~横川 さすがにこの時は数人撮影者が居られました。
a0251146_11571980.jpg


JRE657  K8編成   2012年 2月 横川~広島
a0251146_274493.jpg


 このような景色を見ながら、5000系レッドアロー(最初の3本)、NRA,6000系(アルミ車)、20000系も 
運ばれて行ったのですが、初代レッドアローの頃の牽引機は何だったのでしょう?。
(山陽本線全線電化は昭和39年ですので、さすがにSLでは無かったでしょうが。)
E851(三菱:三原)や初代レッドアローの甲種輸送の写真は今だに見た事が有りません。あの頃は
勿論甲種運転情報など有りませんから、何方も撮られて無いのかも知れませんね。
今年は何処で写そうかと思案してはいますが、結果的に又同じ様な場所になる可能性も大です。
まるで毎年定点観測をしているかのような状態ですね。似たようなカットばかりで失礼しました。

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-01-16 11:36 | 甲種輸送 | Comments(2)