人気ブログランキング |

所沢以遠複線化と所沢工(一部改訂しました)

 所沢以遠の複線化は、案外最近?のことで、西所沢方は昭和40年、新所沢方は昭和42でした。
 1411様からモニ1の走行写真の撮影方向についての質問を頂きました。
何分昔のことなので、うろ覚えですが、この場所は西所沢変電所の前付近から西所沢駅方向を見た
カットだと思います。モニ1横の側線は変電所の側線で、当時は電力事情の関係からか、各変電所に
側線が有り、時々移動変電車サ1が留置されていました。又モニ1のパンタは飯能寄りですので
腕木式場内信号は西所沢駅だと思います。
 上記撮影場所から少し所沢方に歩いた位置からのカットがこの写真です。丁度複線化工事の線路の 
変移区間で写したものです。

a0251146_171296.jpg


 所沢周辺も10年以上行っておりませんが、大分変わってしまったようですね。
昔はよく所沢工周辺をうろついておりました。工場の周囲の塀のところどころから中の様子が見える
場所が在りまして、そこから不審者宜しく中の新車や出場車を見るのが楽しみでした。701系を最初に見たのも
この塀の上からだったと思います。
 こちらは、その思い出の写真で完成間近のクハ1701。ステンレス腰板が光っています。 昭和38年

a0251146_173852.jpg



 所工は当時、西武の全車両の新造、検査全般を受け持っていましたが、唯一E51型
だけは車輪径が1400mmと蒸機並みで有った為、その全般検査は大宮工に外注していました。

a0251146_4274228.jpg


以下は昭和43年8月に所沢工場見学の際の写真です。
左からサハ1571形、モハ501形、サハ1501形
a0251146_20254540.jpg


こちらは、2M4T用サハ1563~1572を551系に挟む為に、571+1571形に改造中のところです。
a0251146_1251852.jpg


所沢工場にて、コンゴ向け客車(左端)がほぼ完成していました。
客車5両と荷物車3両でした。
a0251146_1225233.jpg


儀装中の同客車。所沢工場最初で最後の海外向け車両でした。
a0251146_20304950.jpg


これはその台車です。仮台車なのか本台車なのか?
a0251146_1233991.jpg


こちらは謎のED351
a0251146_1494041.jpg



地方私鉄の車両の新造、改造、整備業務も積極的に行っていました。
こちらは所工出場の日立電鉄モハ13   昭和43年11月 所沢中線にて
a0251146_20424280.jpg


こちらは自社新造1456+415が中線から上石神井庫へ向けて出発するところです。
          昭和40年8月     所沢駅  
a0251146_20431573.jpg




            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)
by tetudankai5501 | 2012-01-12 17:05 | 西武鉄道 | Comments(7)
Commented by 清68 at 2012-01-11 23:38 x
こんばんは。
次々と新たな写真を拝見出来、感激です。
幼時の記憶に完全に重なる風景を見つめているうちに、画面の向こう側にいる自分を感じました。
まさに時間旅行です。ありがとうございます。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-01-12 00:03 x
清68様
ご覧頂きありがとうございます。沿線を離れて久しいので、古い画像ばかりですが、
少しでも懐かしく思い出していただければ小生も大変嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by vasutfan at 2012-01-12 02:24 x
またまたお邪魔させて頂きます、ハンガリーのvasutfanです。
(ク)モニ1、E22と共に武蔵野の生え抜きとして活躍していた姿、お写真からも懐かしく思い出されます。
西所~所沢間、モニ1通過の写真を拝見し知ったのですが、右端に映っている背の低いガードレール、今でも同じように設置されていますね。
それと池袋の小学生様が示唆されたサ1の塗装「水色」ですが、これは旧電機の色と同じだったのでしょうか?
所工の写真、写された万年塀のすぐ後ろ、工場敷地内にヘリポートがあった覚えがあります、社会科見学で工場を訪問した際、説明された係の方が誇らしげにおっしゃっておりました。
団塊鉄ちゃん様、今後ともアップを楽しみにしております、どうぞマイペースでPCライフをお楽しみ下さい、ありがとうございました。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-01-12 04:16 x
vasutfan様 ご覧頂き有難う御座います。
 西武所沢工場懐かしいですね。私も見学しましたが、確か昭和43年だったと思います。
当時801系の製造が終了し、101系の製造準備と汽車会社の下請けのコンゴ向け客車を
製造しておりました。所工で海外向け車両の製造はこれが最初で最後だと思います。
この時期秩父特急5000系を既に日立に発注していたようですが、将来所工でも
特急車を作るかも知れないと案内係の方が言われていました。
 所工は電車以外にも当然電機の検査も持っていた訳ですが、唯一E51型は車輪径が
1400mmとD51と同径の大きさ故、国鉄大宮工場に整備を外注していました。E851導入後
は自社整備設備を備えたようでした。
E51はヨーロッパ生まれの気品が漂い、好きな車両の一つでした。
それから当時の電機と移動変電車のカラーの薄い青色は同色だったと思います。
 話変わりますが、ヘリポートは確か当時西武グループだった朝日航空の基地だったと思います。余談ですが
現在はグループ解体でトヨタ自工の傘下会社になり現存しています。
Commented by クハ1150 at 2012-01-12 11:51 x
こんにちは。
所沢工場、はじめて小学生4年生頃に外から眺めたときに、一畑向けの451系が整備中で、なぜ小田急線に行くのだろう~?と友人と真剣に悩んでいました(笑)。
それからTR-22(DT-11)が外の空き地に何個か置いてあり、新宿線で見慣れたTR14(DT10)と比べ違和感を覚えたことが昨日の事のように思い出します。
赤電真っ盛りのお写真また期待しています!
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-01-12 15:35 x
クハ1150様
451形2連3本が一畑81形として譲渡されたのは、S56~S57年にかけてでしたね。
確かに似た配色でしたが、一畑の方が黄色掛かったクリーム色だった気がします。
DT11は128Kw電動機を搭載出来たので、主に501系と551系の一部に使われました。
確かに新宿線には縁が薄かったですね。
Commented by 1411 at 2012-01-12 18:05 x
団塊鉄ちゃん様
さっそくありがとうございました。
ご説明いただきました位置にて、よくわかりました。
現在もガードレールが残っている箇所と柵に変わってしまった場所もありますが、当時と雰囲気は同じように思います。道路は舗装され、住宅はもっと密集してしまっていますが・・・
しかし701系の走行するお写真の背景は、現在では想像できないほど、のどかな雰囲気であったんですね。
昭和38年(?)に初の10両編成登場と通勤客の増加は想像できますが、駅間は住宅も少なく、武蔵野の雰囲気が残っていたんですね。
そんなころにタイムスリップしてみたいものです。
<< 武蔵野と西武鉄道 西武の旧社形 >>