人気ブログランキング |

京王線昭和40年前後

 

今回は、個人的に西武に次いで馴染み深かった、京王線の昔話です。
京王線が劇的に近代化したのは、何と言っても5000系が登場した昭和38年です。
これまでの正面2枚窓側面3扉の関東標準型を脱し、パノラミックウィンドウに貫通路
付き正面、アイボリーに赤ひげ付き細帯と、画期的な外観でお目見え、同時に特急運用
も始まり正に画期的な新型車だったのです。1500V昇圧も同時に実施されています。
 当初4両編成5000系と増結用2両編成の5070系(足回りは2700系からの流用で釣り掛け
式駆動)が登場、増結用は途中から純新車になり、更に後に5100系と改称し3両編成とな
りました。 又通勤冷房車もこの5000系列が全国初の採用となりました。
全述のようにカルダン車と釣り掛け車の併結も普通に行われ、特急運用では釣り掛け車が
カルダン車にぶら下がって高速運転しておりました。
個人的には、この5000系は今でも京王線随一の名車と思います。後の6000系列はどう見ても
好きになれませんでした。
この5000系の顔付き、後に登場した西武2000系にも影響しているように思います。




 2010系は全電動車方式の2000系の後継で、中間T車2両を挟む2M2Tを建前とした4両
編成でした。当初は中間サハに元京王電軌110系列のサハ2550型をそのまま組み込んだ
非常に不揃いな珍編成もありました。  昭和39年
a0251146_23144541.jpg


こちらは同じ2010系ですが、当初特急運用の5000系が充足されるまで特急にも使う為、
アイボリー塗装されています。   高幡不動~多摩動物公園  昭和42年
a0251146_23153734.jpg


増結用2両編成5070系5078(釣り掛け車)を先頭にした快速新宿行き。 高幡不動付近 昭和39年
a0251146_0424319.jpg


5752編成快速新宿行   つつじヶ丘     昭和39年
a0251146_2521994.jpg


2010系急行新宿行  オールグロベン PS13パンタの国電ライクな屋根上編成
                  つつじヶ丘    昭和39年
a0251146_256166.jpg


初の通勤冷房車となった5000系5018編成と、5100系5119編成。この写真は3両編成の
5119編成。  高幡不動~多摩動物公園  昭和43年
a0251146_25849100.jpg


この編成は、元京王電軌14m車の2400,2125型を1500V昇圧時に動物園線区間運転等支線
用として残された唯一の編成で、クハ231・デハ221+クハ232・デハ222の4連を組みました。
しかし、昭和44年ATS対応が困難ということで用途廃止となります。  
 高幡不動駅  昭和43年
a0251146_23185214.jpg


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)
by tetudankai5501 | 2012-01-24 23:21 | 京王電鉄 | Comments(4)
Commented by 清68 at 2012-02-11 21:40 x
グリーンの京王線が懐かしいです。
引退からもう30年近くなるのですね。
2010系の窓下に赤帯の塗り分け線跡を見つけて感慨にふけったのが
昨日のようです。赤の方を先に塗ったような段差になっていましたね。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-02-12 00:02 x
清68様 いつも有難う御座います。

京王線の2010系、特急運用に入ると一生懸命走っていましたね。
緑電車の中間ダブルルーフのサハも見た時は驚きました。
残念ながら乗ったことは無かったのです。
京王線と言えば、やはり5000系が好きでした。初期の2連は吊り掛け車
でした。ローカル運用で吊り掛けだけの4連もありました。懐かしいです。
Commented by 風旅記 at 2015-06-26 22:23 x
こんばんは。
貴重なお写真を楽しませて頂きました。
お写真の数々は私が生まれるだいぶ前のものですが、幼少の頃の微かな記憶の中に残る京王線の雰囲気は、まだまだお写真の時代の面影を残していました。
最近の京王線は、本当に綺麗になりましたし、実にせわしなくなったと感じます。特急が最高速で走る余裕もないくらいに列車が詰まっていて、特急の停車駅が増えたことも相まって、スピード感のある京王線のイメージは後退してしまいました。
今では全車がステンレスですが、この当時はきっと見ていて飽きない列車の数々があったものと思います。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2015-06-27 18:49 x
風旅記さま コメント有難うございます
昭和40年代の京王線は大きな転換期でした。緑色の在来車の中に颯爽と
登場した5000系は白い塗装にヒゲ帯を巻いたパノラミック窓が新鮮でした。
特急運用で軽快に疾走するその姿はそれまでの京王線のイメージを一新
させました。5000系はその後も幅広車・初の通勤冷房車と進化し一時代を
築きましたね。
今でもその優秀さが買われ、富士急・伊予鉄(銚子)・一畑等に転じ現在も
現役なのは素晴らしい事と思います。
<< 黄色い電車 東京国電ところどころ 昭和37年 >>