人気ブログランキング |

武蔵野冬景色


 今冬は特に寒い日が多いようですね。先日は東京近辺でも少し積雪が有ったようです。
大分昔ですが、昭和42~44年は特に降雪日が多く、関東でも良く積もりました。
 雪景色の中を行く電車の姿が好きで、雪が積もると物好きにもカメラを持っていそいそと
出掛けました。この時は所沢近辺でも30Cm位の積雪となり、ひざ辺りまである雪の中で
ひたすら赤い電車を待ち、雪だるまになりながら撮りました。
 関東の雪は、これから2月、3月の南岸低気圧通過時に良く降りますね。

掲載写真は、昭和42年2月11日から12日にかけて撮ったものです。(再掲載多くすみません)


 こちらは、513F2M4T(下り西所沢行き)425F(上り池袋行き)  秋津~所沢
                                 (各写真は、クリックで原寸となります)
a0251146_3104969.jpg


 これは、505F準急飯能行き。こんな大雪でも準急など優等列車も運転していました。
  秋津~所沢
a0251146_3115724.jpg


 左狭山湖行き急行、右池袋行き準急。共に番号不詳    秋津~所沢
a0251146_3124261.jpg


 池袋行き711F各停   秋津~所沢
a0251146_3153410.jpg


こちらは新設された小手指検車区横を行く上り列車。609F他 
a0251146_31827.jpg


 小手指信号所まで上がってきた、西所沢止まり列車です。
 当時の運転士さん、皆マイ座布団持ってましたね。運転席が丸椅子で貧弱でした。 
a0251146_3185363.jpg


 E52の牽く貨物列車。 小手指(信)~狭山ヶ丘  
a0251146_3211328.jpg


 上同列車 木造緩急車ワフ11 哀愁漂う後姿懐かしいです。
a0251146_3223532.jpg
 

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)
by tetudankai5501 | 2012-01-27 01:20 | 西武鉄道 | Comments(2)
Commented by クハ1150 at 2012-01-27 10:20 x
おはようございます。
雪景色を行く赤い電車たち、とくに小手指あたりなどなんだか信越本線の軽井沢あたりまたは中央本線の小淵沢あたりを思い起こします。どれもとても素敵なお写真ですね!とくに6枚めの信号所での並びの写真が高原にいるようです。E51の牽く貨車も静寂のなかにコトコト走るような優雅さを感じます。
いつも新鮮で感動的なお写真ありがとうございます。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-01-27 12:01 x
クハ1150様 いつもご覧頂き有難う御座います。

 あの写真を撮る時は現地まで所沢(秋津かも?)から雪に足を捕られながら
黙々と歩きました。現地の茶畑の中でひたすら赤い電車や電機がやって来るの
を待っていました。2時間位居たと思いますが、さすがに寒かったです。
多分今の私にはとても出来ないと思います。

翌日は、雪晴れの景色を撮りたくて狭山ヶ丘近辺に行きました。小手指には駅が
無かったのでかなり歩いた気がします。この付近は小手指ヶ原と称し、茶畑と
雑木林が広がっているだけで、他には何も在りませんでした。
<< 正常進化? 黄色い電車 >>