団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記

tetu5501.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 01日

初代西武501形

 初代501型は、戦後初めての新車として昭和29年に登場しました。編成はMc+T+T+Mcの4両固定
でモハは17m車、サハは20mという変則固定編成でした。
 正面は当時大流行の湘南形2枚窓、側窓は桟の細いアルミサッシュ、室内は蛍光灯(直流20W)
照明、ファンデリアの採用など、初物づくしでした。
 しかし、鋼体構造は在来車と同様の、半鋼製であり床は板張りで、他大手私鉄で採用され始めていた軽量
化は考慮されていません。モハ501~510は屋根が木製キャンバス張り、511~520は鋼製となり、雨樋
も細くなります。これはサハ1501型についても同様です。
足回りは在来車と同一の吊り掛け式駆動で、台車は軸バネ式DT12系を履きますが、一部DT11を履いた
車両もありました。主電動機は128Kw付きで登場、昭和32年以降新501系が登場すると、台車共々
そちらに譲り、最終的に全車DT10台車、100Kw主電動機に格下げされてしまいます。
形式は最初が501形で車番501~520。昭和33年に20m車の新501系501~520(2代目)登場に伴い、
車番411~430に改番となります。更に昭和39年新411形の登場により、351~370に再度改番されます。
 サハは形式1501型番号1501~1520で、昭和33年上記新501形501~520(2代目)が登場すると、
20m車体が幸いして、そちらと編成を組むこととなり、番号は最後まで変わりませんでした。
サハを取られた411形は411~420,425,426がサハ1411と、421~424,427~430がクハ1411と組むことになります。
 昭和40年以降更新修繕を実施、サッシュ取替え、雨樋取替え、ベンチレーターのグローブ化等が行われました。
又CPとMGのサハ移設も同時に行われています。
これはその時の連結相手である、1411型についても同時に実施されています。

 351系が多摩湖線を去ってからもう20年以上経過しました。晩年は西武遊園地行き準急で走った
事も有りましたね。正に「西武遊園地近道」でした。
これが西武最後の吊り掛け電車となった訳ですが、今でも吊り掛け全盛期の頃のMT15の唸り、DT10の板バネの振動
、AK3の音と鼓動が昨日のことの様に思い出されます。

 写真は更新後の351系353F     小手指  昭和43年
a0251146_17464011.jpg


 写真は更新後の351系クモハ354  小手指  昭和43年
a0251146_1122373.jpg


 こちらは、更新前の425+1425+1426+426  保谷の大カーブにさし掛かるところです。
この編成のサハ1425が後に大井川で客車になるとは思いませんでした。
               ひばりヶ丘~保谷     昭和37年
a0251146_285468.jpg


更新前の357F 花小金井~小平  昭和39年
a0251146_210314.jpg


更新後の365F+362F6連   飯能~元加治   昭和44年
a0251146_2105599.jpg


旧塗装時代の411F  所沢駅    昭和37年
a0251146_2113133.jpg


こちらも更新前の413Fですが、後部は401Fの変則編成です。 下落合駅   昭和37年
a0251146_212424.jpg


変則編成、こちらの方が判り易いですね。モハ413+サハ1413+モハ401+クハ1402  
        所沢駅   昭和37年
a0251146_1350533.jpg


そして付随車サハ1414.更新後の姿です。  小手指区  昭和43年
a0251146_2132577.jpg


 廃車と譲渡先を記述しておきます。 数字が多いので間違いがあったらご容赦下さい。
 モハ351~370                                    
351+(1311)+352  多摩湖線 H2年6月廃車
353+(1314)+354     ”
355+(1336)+356     ”(355は505として横瀬で保存)
357→上毛デハ236
358→上毛デハ231
359→上毛デハ232
360→上毛デハ233
361→大井川モハ313
362→大井川クハ513
363→廃車(S54年3月)
364→上毛デハ237
365→大井川クハ512
366→大井川モハ312
367→上毛デハ234
368→上毛デハ238
369→廃車(S55年2月)
370→上毛デハ235

クハ・サハ1411~1430
1423→上毛クハ37
1425→大井川ナロ802
1427→上毛クハ38
1428→上毛クハ34
1429→上毛クハ35
(1438)→上毛クハ32
(1439)→上毛クハ31
(1447)→上毛クハ33
(1448)→上毛クハ36
( )内は、本来351系とは組成していない。
記入なき車番は、譲渡無く廃車です。

            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

by tetudankai5501 | 2012-02-01 01:10 | 西武鉄道 | Comments(2)
Commented by 清68 at 2012-02-02 01:06 x
こんばんは。
351系の若かりし頃の姿、美しいです。
保谷のカーブも広々としていて素敵ですね。

各車くまなく記録されていることに頭が下がります。
雨樋の太さの違いで、正面おでこの帯の太さも違うのに今更ながら
気がつきました。
1411との編成は、現車を見ているときはちぐはぐな組み合わせと感じていましたが、こうして改めて拝見すると、ほとんど違和感がないですね。車体断面のみならず、車体裾位置、腰板高さ、窓開口部高さ、窓中桟位置、幕板高さに至るまで一致しているようで、その統一感が清々しい限りです。
狙ったつもりはないのかもしれませんが、結果的に清楚感のある仕上がりになったわけで、当時の西武の設計陣の心意気のようなものを感じてしまいます。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-02-02 12:57 x
清68様 お世話になります。

351形で思い出すには、昭和37年のある時期、新宿線所属の411~420迄5本
全てが、池袋線の471系5本と入れ替わり、新宿線から湘南形が消えた時期が
有りました。反対に池袋線からは、切妻車が居なくなりました。当時早合点して
切妻形新宿線、湘南形は池袋線と仕分けしてしまうのかと思いました。

 351形の更新が一段落したあと、今度は501系にも更新が及ぶのかと考えましたが
それは無かったですね。グロベンの501系見てみたかったです。


<< オーバーラップ      2M4T >>