人気ブログランキング |

清盛マリンビュー号とキハ47

 
      清盛出陣
a0251146_217309.jpg



瀬戸内海沿いを走る呉線には、以前からマリンビュー観光列車「瀬戸内マリンビュー号」が土・
休日に広島~三原間に運転されています。
車体内外にクルーズ船を模した意匠を施した2両編成の気動車列車(キハ47系)ですが、今年
1月から6月末までは、山陽本線の広島~宮島口間の延長運転を実施しています。
これは「大河ドラマ・平清盛」連動企画ということで、”清盛マリンビュー”号と称し従来からの列車
のヘッドマークも一部意匠変更して「 宮島の大しゃもじ」に付け替えて運行されています。
全線電化区間でありながら気動車快速列車というのも珍しいのかなと思われます。
気動車編成はキハ47-7002(三原方)+キハ47-7001(宮島方)


   同清盛マリンビュー2号   8237D   横川~西広島    2012年3月20日
                      (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_518737.jpg


   清盛マリンビュー1号  8234D   五日市付近   2012年3月20日
a0251146_5192543.jpg

    山側(写真上)と、海側(写真下)とで窓の大きさ・配置が異なります

   おでこの模様復活しました。   8234D    横川    2012年5月
a0251146_1883732.jpg



  普段の山陽本線気動車列車は、広島・新山口間133キロのキハ40系5連の定期回送列車が
  一往復あるのみです。これは芸備線用気動車も、新山口で一括管理しているためです。
     キハ40系5連広島・新山口間定期回送列車   大畠~神代   2011年10月
a0251146_1792651.jpg





                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)
  
by tetudankai5501 | 2012-03-21 05:28 | JR西日本 | Comments(2)
Commented by ひろみや at 2012-03-22 15:02 x
昭和50年代、広島~岩国間にキハ58系4連の定期列車がありました。芸備線・木次線急行「ちどり」の車両が岩国持ちだったからのようです。一日ニ往復だったと思います。

下りは広島発岩国行で、グリーン車が普通車として開放されていたはずです。上りはお昼一本と夜一本。夜は夜行「ちどり」になる列車でした。岩国~広島が快速だったと思います。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-03-22 17:07 x
ひろみや様 いつもコメントを下さり有難う御座います。
 山陽本線を行くキハ58快速「ちどり」編成、貴ブログにてお写真拝見しました。
キロ28でしょうか、グリーン車が連結された4両編成ですね。井口の跨線橋
付近、当時はこんなに開けていたのですか。現在この付近の山陽本線を走る
定期気動車列車は有りませんが、毎日広島~新山口間133キロを回送で走行
する芸備線用キハ40系の5両編成が一往復あります。
 以前は客扱いをしていたそうですが、電車用ホームの為、ステップ高さの問題
から長距離回送列車となっています。写真添えておきますね。
<< 広島運転所113系P編成お目見え 初代西武401形 >>