人気ブログランキング |

小田急 昭和30年代中頃

    NSE3100系   登戸    昭和38年
a0251146_1084853.jpg



 関東の民鉄は関西と違い、狭軌の会社が多いのですが、私だけかも知れませんが
狭軌の路線のほうが「鉄道」の雰囲気が感じられて好きなのです。正面からみて車輪
幅の広いのはどうも馴染めません。それに昔は貨物列車も走っていましたし、民鉄の
貨車も国鉄線を走っていました。その様な理由かどうか良く判りませんが、在京民鉄
では、西武の他に東武・小田急に親しみを持っていました。東急や井の頭線は狭軌で
はありますが、些か雰囲気が違います。
 小田急も昔貨物輸送をしていました。西武E21と親戚のデキ1010形などが砂利貨物
列車を牽いていました。
特急用車輌はSE車や後継のNSE車の登場で、1900・1700・2300・2320形が格下げ一般
車として用いられ、通勤用車輌は2200形から始まった高性能車が2220形4両編成に進化
、更に経済性を加味した2400形(HE車)の本格増備が昭和35年度から始まりました。
昭和39年度からは、初のオール20m4扉の大型車2600形(NHE 車)の新造が始まります。
小田急一般車のアイボリーに青帯化は昭和44年から始まり全通勤車に及びましたが、
今回は茶色から青・黄色塗装への過渡期であった、昭和30年代中期に撮ったものです。
旧型車のHB車達は最後まで茶色一色でした。



   1213を先頭にしたHB車4連    向ヶ丘遊園   昭和37年
a0251146_9433367.jpg


   1400形+1200形×2           大和     昭和37年
a0251146_9444079.jpg


   こちらも1464を先頭にしたHB車3連          昭和37年
a0251146_945913.jpg


   初の高性能車2200形2216 2連    海老名       昭和37年
    写真左側の一帯は現在車輌基地になっていますね。
a0251146_946199.jpg


   1800形茶色時代の2連です。    大和     昭和37年
a0251146_9463564.jpg


   1900形2色化後の姿ですが番号が判りません。    昭和37年
a0251146_9474622.jpg


   2220形2236他4連急行箱根湯元行き      昭和37年
a0251146_9481474.jpg


   そして量産経済車HE2400形 2454  急行箱根湯元行き   昭和37年
   少しブレています。1/500までしか無いカメラだったのですが、何時もの西武線ではブレませんでした。
a0251146_9484483.jpg


 国鉄御殿場乗入れ用キハ5000形。5000形は昭和30年製の一次型と昭和31年製の2次型5100形   各2両が有りました。御殿場線電化後は4両とも関東鉄道に移籍しました。
a0251146_9505772.jpg



                      (ブログ内写真・記載内容の転載を禁じます)  
by tetudankai5501 | 2012-04-06 11:01 | 小田急電鉄 | Comments(4)
Commented by ホビぽっぽ at 2012-04-08 10:49 x
いつも貴重な画像に感銘を受けています

向ヶ丘遊園の画像、右端に写っているのは移動変電車のようですね。
かつて1900系サハが履いていた試作MD-5台車を、この移動変電車が履き換えたらしいのですが、なかなか台車の外観が分かる写真がありません。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-04-08 18:48 x
ホビぽっぽ様 コメント頂き有難う御座います。
 移動変電車は昭和30年代の乗客急増の時期に変電設備が追いつかず、
電力需要の逼迫した変電所側線で使用されましたね。小田急、西武、南海
、京阪に有ったそうですが、私が実見したのは小田急と西武だけです。
西武はサ1形で20mの半有蓄車で1両完結でしたが、小田急のは形式は
忘れましたが、2両編成?だったと思います。特殊な台車とは知りませんでした。
向ヶ丘遊園に常駐でしたが、晩年は厚木に移動したことも有ったようです。
この種の「いつも其処にある車輌」等は、何時でも撮れると思っている内に
廃車になり、撮りそびれることが常でした。
Commented by vasutfan at 2012-04-08 23:28 x
団塊鉄ちゃん様
いつも驚きの画像ありがとうございます、ハンガリー在住のvasutfanです。
「狭軌に鉄道を感じる」こと、ごもっともだと思います。
記事の「貨物輸送」ということばで気がついたのですが、貨物輸送=機関車牽引列車がある、つまり鉄道の輸送形態の原点がそこにあり、どこか懐かしさ、安心感を覚えるのかもしれません。
こうして考えると、同じ西武でもどちらかといえば貨物が盛んだった池袋線のほうが、新宿線よりも親しみを覚えます。
あ、でも新宿線系統でも国分寺~本川越は別で、旧川越鉄道の息吹、汽車輸送の面影がかつてはありました。
そういえば西武では開業100周年など、今後色々なイベントが計画されているようですね、皆様からのリポートが待ち遠しいです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-04-09 00:57 x
vasutfan様 ご覧頂き有難う御座います。
ヨーロッパの鉄道は殆どが標準軌だと思いますが、この前教えて頂いた
Chemin de Fer de la Mure T9に登場するフランスの鉄道は確か狭軌でした
ね。一寸驚きましたが、なんとなく親しみを覚えてしまいます。鉄道趣味の
対象は車輌は勿論ですが、施設・構造物などを含めた広い範囲がその対象
に含まれると思います。廃線になった軌道跡や思いも由らぬ処に2本の軌条
を見つけたりすると、その先何処まで続くのやら、どんな車輌が走っていたの
かとか、とても気になったりします。
例えば、昔は私鉄各社架線柱だけ見てもそれぞれ特徴が有りました。駅舎
も同様でした。最近では皆鋼管の架線柱やらコンクリートポールで皆同じよう
に見えてしまいます。
話が飛んで恐縮ですが、西武線もその歴史的背景から、各線で貴方様が仰る
ように雰囲気が違います。旧川越鉄道の区間は最も線形が宜しくて直線的
です。武蔵野鉄道区間は川越鉄道同様機関車牽引が発祥ですので、どこか
「鉄道」の雰囲気が濃厚でした。旧西武鉄道(新宿線)区間は「郊外電車」と
いった感じだと思います。
<< ED351 広電最近の話題 >>