人気ブログランキング |

西武5000形


a0251146_1501119.jpg



昭和44年秩父線開通と共に走り始めた西武初の特急用車輌5000系については、別項目
「西武秩父線開通の頃」で概出ですが、改めて系列として再掲いたします。前回と同じ写真
を多く流用しており申し訳有りません。
5000系は101系とほぼ同様の足回りを装備した山岳、平坦地両用の走行性能を満たした
当時の西武としては画期的な性能と本格的な特急車としての車内設備を備えた従来の西武
車輌とは全くかけ離れた新形式でした。ために形式も一足飛びに5000番台を名乗ることとな
りました。秩父線開通時は2編成の予備車無しで運行開始されましたが、2ヵ月後に第三編成
が完成し3本体制となります。
最初の3編成は今も新製車で縁の深い日立製作所笠戸工場製でしたが、その後の増備車は
全て自社所沢工場製となります。通勤車輌ばかりで特急車両等の優等車の製造実績は無かっ
たのですが、第四編成以降も日立製車両に誇るとも劣らない完璧なコピー新車を作りあげました。
当時から所沢工場の技術力は大手車輌製造会社と同等の実力を持っていました。

5000系編成
第一編成(昭和44年 9月)5501+5001+5002+5502  日立製
第二編成(昭和44年 9月)5503+5003+5004+5504  日立製
第三編成(昭和44年12月)5505+5005+5006+5506  日立製
第四編成(昭和45年 3月)5507+5007+5008+5508  所沢工製
第五編成(昭和49年 2月)5509+5009+5010+5059+5060+5510  所沢工製
第六編成(昭和53年 2月)5511+5011+5012+5061+5062+5512  所沢工製

中間モハ新製増備  全て所沢工製
第一編成用(昭和49年3月) 5051+5052
第二編成用(昭和49年4月) 5053+5054
第三編成用(昭和49年4月) 5055+5056  (昭和51年まで組込み保留)
第四編成用(昭和49年5月) 5057+5058

上記の様に最終的に6連6本体制になるのですが、第三編成は暫く4連のままとされて、6+4の
10両編成用とされていました。
従って、開業当初は4連。44年12月以降は4+4の8連も見られました。昭和49年から同51年までは
6+4の10連も運行されたことになります。

廃車は10000形の新製で平成6年度から始まり、翌年には全編成が運用離脱し廃車となってしまいます。
尚走行機器は後継の10000形に流用されていますから、5000系の乗り心地は今でも味わえる訳ですね。

譲渡は上記機器流用の関係から、車体のみが富山地方鉄道に移籍しました。移籍は
5501・5052・5502及び5507・5058・5508の2編成6両です。
保存車輌は第二編成のクハ5503が1両横瀬で静態保存されています。




10月開業から2ヶ月間は2編成で予備無しでした。12月に第三編成が完成し一息付ける様に
なりました。又多客時の8連もこれ以降見られるようになりました。   5505F 昭和44年12月3日
a0251146_1441557.jpg


その年の12月3日夜祭臨で初めての8連(それまでは1回開業前に招待客運転で8連あり)が
走りました。 5501F+5503F  昭和44年12月3日
a0251146_14453142.jpg


仏子で普通列車を退避させます。懐かしの777Fでした。5505F
a0251146_21134856.jpg


第三編成5505F  ちちぶ3号     昭和44年12月
a0251146_14494743.jpg


同列車
a0251146_1450729.jpg


所沢~秋津を上る5505F  昭和44年
a0251146_2236899.jpg


第一編成5501F   昭和44年10月  西武秩父
a0251146_1451463.jpg


同モハ5001  101系と違い抵抗器の並びが整然として見事でした。
a0251146_1453064.jpg


同モハ5002  AK-3がちょっと惜しかったです。
a0251146_14533196.jpg


同クハ5502
a0251146_145464.jpg


保存車5503   
a0251146_14544740.jpg


今でも会えます。富山地鉄のエース 16010系
a0251146_14564770.jpg



            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)

特急券(昭和47年、昭和46年)
a0251146_1464721.jpg

by tetudankai5501 | 2012-08-21 15:10 | 西武鉄道 | Comments(8)
Commented by 1005-1006-2003 at 2012-08-21 23:36 x
こんばんは。初代レッドアロー、やっぱりカッコ良いですね。今のNRAはどうも…塗装が暗いせいでしょうか? その分クラシックは好きです。
一時期10連で活躍したとは凄いですね。さすがに私鉄で初の10連運転の西武、特急でもやるとは…
101系の足回りを忠実に引き継いだ5000系、AK-3コンプレッサーは特急車には??? 天皇陛下が乗車になられた時、2号車が御陵車(?)となるため、編成を逆向きにした何て言うエピソードもありました。
富山の1編成は最近残念ながら車内を中心に改造されてしまいましたが、もう1編成は何とか昔の姿を留めておいていただきたいです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-08-22 00:57 x
1005-1006-2003様 いつも有難うございます。
5000系登場時、池袋で展示会がありました。初めての西武新形特急車との出会い
でした。メリハリの有る外観、新鮮で清楚な車内、特急車特有の香り等とても高揚
した事が昨日のようです。デッキ付きの車端、折戸の側扉、2丁パンタに集中冷房
機、皆新鮮でした。
秩父線開業前に第一、第二編成の8連臨時列車が招待客を乗せて走りましたが、
それこそ虎の子豪華特急列車でした。
Commented by つのすけ at 2012-08-22 22:37 x
西武5000系、こうやって当時の写真を見ると、際立って見えます。特急の運転本数も少なく、本当に特別な列車でした。
デビュー4~5年後、わざわざ東久留米から池袋に出て下り特急に乗車したことを思い出します。
今見てもこの車体デザインは秀逸ですね。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-08-23 01:18 x
つのすけ様 有難うございます。
5000系最初の頃は純然たる観光特急でした。いつも通勤で見慣れた
風景もクロスシート車から見ると又違った景色に見えて新鮮でした。
当時の特急券が有りましたので貼って置きますね。
上が秩父→池袋(S47年4月)、下が池袋→所沢(S46年4月)とあります。
Commented by ホビぽっぽ at 2012-08-24 17:39 x
この時代には特急が本当に「特別」な存在であったと思います。
速達性のほかに料金を払うことに見合った内容と客層であり、めったに乗れない電車だけにあこがれの対象でした。

そのころ庶民は普通の電車で時間をかけてでも移動するのが常識でしたが、今では若者が普段着にサンダルで特急に乗る時代です。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-08-24 19:00 x
ホビぽっぽ様 有難うございます。
そうですね。当時は国鉄特急は勿論、小田急、東武等の有料特急にも
何か特別の事が無ければ乗れませんでした。西武5000系も始めは憧れ
の対象でした。普段乗車するようになったのは、後年夜の”むさし”が増発
されて通勤特急化された後でした。
Commented by 清68 at 2012-08-24 23:09 x
こんばんは。
そうですね。特別な存在でした。
池袋の次が所沢停車なので、最寄駅の東久留米ではどうあがいても利用することができず、目の前にして別世界を痛感していました。初めて乗ったのは登場後16年を経た1985年10月でした。
少年の頃からの憧れについに乗れたという気持ちもさることながら、乗ってはいけない列車に乗ってしまったという、禁を犯したような後ろめたさに似た感覚があったのを覚えています。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-08-24 23:55 x
清68様 今晩は
登場後16年を経てから初乗りとは良く辛抱なさいましたね。自分は特急登場時は
大泉学園でしたが、我慢できずに用も無いのに秩父まで乗車しました。
当時運賃と特急券で結構な出費だった記憶があります。帰りは勿論普通列車でした。
<< 115系N編成2本目の単色化 夏の撮影は朝・夕に >>