人気ブログランキング |

115系広セキR-03編成出場           

 関西からの113系P編成大量転属で余剰と成った広ヒロの在来113系の一部の編成を解いてクハ115系に改造し、
老朽115系クハとの置換えを実施した編成をR編成とし、今までR-01,R-02編成が就役していますが、この程
第三編成R-03が出場しました。
 今回の編成は、115系G-02編成の両端老朽クハを113系F-03編成のクハと組み替え、同時に黄色と広島更新
色であった物を統一の為全車改めて黄色単色塗りとしています。余剰の115系クハと113系モハ各2両は廃車です。
編成は、(下関)クハ115-2516+モハ114-320+モハ115-320+クハ115-2642(岡山)で、クハは元番+500に改番です。



 115系R-03編成     横川  2012年9月3日
a0251146_20362254.jpg


煽りで廃車となってしまった113系F-03編成MM’325(40N)
a0251146_20585792.jpg




            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2012-09-03 20:37 | JR西日本 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2012-09-07 19:04 x
また珍編成が1本、無くなっちゃいましたね。凸凹編成、昔だったら72系の920番台を含んだ編成や山用の850番台が編成美(?)を崩していましたね。
張上げ屋根と普通の屋根、西武でも連結されているのは良く見かける光景でした。
40Nの廃車、勿体ないようにも感じます。
首都圏では115系と言えば、ドアの引き手が凄く鬱陶しく感じますが、これが無いため西の115系がスマートに感じます。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-09-07 22:27 x
1005-1006-2003様 いつも有難うございます。
113系の40N車ですが、このところ宮原から来た5本の4M2Tの4連化に伴い、モハ1ユニットが余剰
となり、廃車となった車両や、同じく宮原4連組の緑色の中間モハが上記余剰車と差し替えられて
廃車となったり、このところ40N車と言えども検査切れ間近の車両は安泰では無いようです。
他にまだまだ古い個体も多いのですが、どうも113系は使い捨ての傾向にあるようで、勿体ないです。
<< コンサート 115系N編成2本目の単色化 >>