人気ブログランキング |

広ヒロ113系P-12編成登場


かねてから整備中でした元宮原所属113系S-36編成は、広ヒロ転属P-12となり
このほど使用を開始しました。編成はS-36時代と変わっておりませんので、モハ
112は元S-37のP-10に次いで2基パンタ車で、P編成40N車では本編成のみ異彩
を放っています。
S-36 元番111-7141+113-7028+112-7028+111-7038
P-12 改番111-2141+113-2028+112-2028+111-2038(下関)
これで113系P編成は12本出場となり、残りはS-5改予定のP-13のみと思われます。


                          (各写真はクリックで原寸となります)
この程運用開始した113系P-12編成。元編成のままですが黄色で出場です。 2012年9月25日  広島駅
a0251146_1449558.jpg


P編成40N車唯一のダブルパンタ車モハ112-2028    横川駅
a0251146_1451176.jpg


可部線2759運用に入る同車   2012年9月25日   横川駅
a0251146_14513887.jpg


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2012-09-25 14:56 | JR西日本 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2012-09-27 07:57 x
団塊鉄ちゃん様、おはようございます。
黄色い4両編成、ダブルパンタ、DT-21台車、何だか昔の西武801系を思い出します。前面に補強のステンレス板でもアクセントに付けたら(笑)
それにしても、ナンバーが凄いですね。元7000番台でやっと5000番減りましたね。
かつては私鉄では3桁が多かったのが、今は5桁のナンバーの会社が増えました。昔の単純な車号が懐かしいです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-09-27 12:00 x
1005-1006-2003様 いつもコメント頂戴し有難うございます。
そうですね、私も黄色2基パンタの112系モハを見た時、西武801にそっくりと
思っていました。但しJRは湖西線使用時を考慮した耐寒仕様車でしたので
山陽本線では常時片パン走行です。車番7000台は原番0台のシートピッチ
拡大版の2000台を110Km/h運転用に改造した系列ですが、今回の転用で
100Km/h運転仕様に戻されたので-5000となり元番に復帰したようです。
<< 広島に新製車配置!EF210-301 西武電車2012年 その1 >>