人気ブログランキング |

西武30000系12年度増備車第二陣出場



 2012年度30000系新造の第二陣、38113F+32105Fが本日日立製作所笠戸事業所にて
竣工、山陽本線下松駅から一路新秋津経由・小手指に向け甲種輸送にて発送されました。



今回もF38113F8連+B32105F2連の併結10両で発送されました。組成も前回同様 
(東京方)38113F・32105F(下関方)で2連が後部(池袋寄り)に連結されていました。
 何時も同じようなカットで恐縮です。   2012年11月9日  山陽本線  神代~大畠
                         (各写真はクリックで原寸となります)
a0251146_20552752.jpg


EF210-8(岡)を先頭に出発待ちの西武30000系10連甲種輸送列車
a0251146_20571945.jpg




今回は、下松駅での甲種輸送列車の出場・組成状況を追って見ました。

日立製作所専用線からDLに牽かれて工場出場です。
a0251146_20581676.jpg


日立DLは所定位置で切り離され、前方引き上げ線に待機します。
a0251146_2219953.jpg


しばし佇む30000系。
a0251146_21171167.jpg


横をJR115系C-31瀬戸内色下り下関行きが通過します。
a0251146_212695.jpg


甲種牽引機が単機で到着します。下り列車通過を待ってから、30000系を迎えに
行きます。
a0251146_1481148.jpg


30000系を連れて下松駅2番中線に進入します。
a0251146_2125840.jpg


中線で暫く待機です。
a0251146_2132939.jpg


下り電車をもう一本やり過ごしてから、機廻しをします。
8連・2連間が自連なのは、所沢6番の有効長の関係なのでしょうか?。
a0251146_214549.jpg


下り電車(115系R-02)が通過しました。
a0251146_2155421.jpg


30000系から離れ機廻しを行います。
a0251146_2155328.jpg


下関方から見た待機中の10連。
a0251146_2164540.jpg


東京方先頭に慎重に連結です。
a0251146_2165077.jpg


機関車を連結。3日間の長旅の準備が完了しました。出発は12時54分。大畠通過は13時28分頃です。
a0251146_2172570.jpg


大畠の大島大橋下にやって来ました。
a0251146_2181572.jpg


一路小手指へ向かいます。
a0251146_2184366.jpg


西武線到着は明後日ですね。
a0251146_2185798.jpg

(尚この日、広島市内で運転抑止が発生して、当列車も広島貨物ターミナルで一時足止だったようです。)





下松でした。
a0251146_21103882.jpg


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2012-11-09 21:18 | 西武鉄道 | Comments(4)
Commented by 1005-1006-2003 at 2012-11-10 07:47 x
いつも素晴らしい画像、楽しませていただいています。
いよいよ32105F+38113F発送されましたね。明日にはこちらに到着です。
海には縁の無い西武の電車の海辺を走る姿に新鮮味を感じます。
地域色の115系との並びもこちらでは見られない貴重なものです。
下松の発送の数々のシーン、改めて感激です。一度機廻しも必要で結構手間もかかりますね。
30000系も100両を超え、すっかり西武の主役になりました。休日には時々秩父線にも入線しますし。

昨日は懐かしい? 451形の運転台の画像、ありがとうございました。こんな運転台を見て育った私にとって、国鉄の103系の運転台があまりにもごちゃごちゃで驚いた記憶でした。伊豆箱根の1000系もデラックスな運転台で、初めて訪問した時にはビックリでした。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-11-10 12:18 x
1005-1006-2003様 お世話になります。
30000系もう少しで20000系と肩を並べる両数になりますね。日立の車両外観仕上がり
がとても綺麗です。新車はいいですね。特に足回り床下機器を最近の全検車は全塗装
しないので尚更美しいです。
下松にはNRAの最初の出場を見に行って以来なので久しぶりでした。
甲種輸送列車にはメーカーの添乗員が随行するのですが、遠距離輸送の場合は難儀な
仕事だと思います。
西武の運転台、昔は非常に簡素でしたが、特に問題は無かったようです。吊り掛け
車はどう頑張っても80Km以上はスピードが出ませんでした。弱め界磁を使用した
501系でも精々85Km位で頭打ちでしたから速度計は余り必要としませんでした。初のカル
ダン車601系でも最初の編成は速度計が未装備でした。
Commented by ゆず at 2012-11-10 23:13 x
初めまして。お邪魔致します。時々拝見しております。

先ほど埼玉の自宅に帰り着いたところです。ネットに接続して、貴ブログを拝見して驚きました。というのも、9日はおなじように下松駅までわざわざ見に行っていたからなんです。

30000系の甲種を見に下松まで行ったのは3回目ですが、その度に何かしら新発見があるので、今回も出かけて良かったなとは思っております。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2012-11-11 08:22 x
ゆず様 始めまして。よろしくお願い致します。
下松駅 居られたのですね。30000系出場3回目とは驚きです。遠路お疲れ様でした。自分は
比較的近くですがNRA以来2回目の訪問でした。今年はもう一回甲種輸送有るようですね。
このところ甲種牽引機はEF210が続いていますが、以前はEF66やEF200が多かったように
思います。10連での輸送は、今年が初めてですね。2連最初は3本併結の6連で甲種でしたから。
出発まで見届けたかったのですが、沿線撮りしたかったので12時頃で切り上げて移動しました。
最近の山陽本線は面白味が無く退屈なのですが、日立甲種列車は色々な新車が見れるので
楽しみです。今回はコメント有難うございました。
<< 115系広セキR-04編成出場   西武電車2012年 その4 >>