人気ブログランキング |

鉄道ファン 創刊号


  久し振りに本箱の整理をしていましたら、鉄道ファン(RF)誌のNo,1号が出てきました。
真紅の名鉄パノラマカー登場と同じ時期の創刊で昭和36年6月刊とあります。
当月はピクトリアル(RP)誌も珍しく表紙がカラー写真でやはりパノラマカーでした。当時は実車
RP誌、鉄道模型は鉄道模型趣味(TMS)誌の2誌で住み分けが出来ていましたので第三誌の
登場でRP誌もカラー表紙で対抗してきたのでしょうか。
当時小学生でした自分は、RP誌を小遣いを節約して何とか買っていましたが、とても2誌も購入
出来ませんので、写真主体だったRF誌は立ち読みで我慢していたようです。ですが創刊誌だけ
は無理をして購入した覚えがあります。

誌面は巻頭グラフがJNRの特急、DCはつかり、さくら、かもめ、そして151系のつばめ、など
当時の看板列車達で飾られています。中でもC62牽く瀬野八のPCかもめの姿は電化前の
電柱など建並ぶ以前の素晴らしい沿線風景でしばし見惚れました。




 鉄道ファン誌 創刊号  1961年6月   定価150円とあります

a0251146_2073024.jpg

by tetudankai5501 | 2013-05-14 19:52 | その他 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2013-05-18 07:18 x
鉄道雑誌、徐々に種類を増やしましたが、やはりピクトリアル、ファン誌は特集が素晴らしく、好ましいです。
学生の頃は良く、神田の古書店街など古本屋を巡ったものです。定価の10倍以上になるものもありましたが、当時の物価から比べれば安いかもしれませんね。
ピクトリアルの創刊号復刻版がその後に発売され手元にありますが、蒸機がメイン、活字の古さなど時代を感じます。
ピクトリアル誌は新車新製・転配属・廃車情報や読者からのミニ情報など、本当に貴重に感じます。伊豆箱根クハ2003の大場工場回送直後の写真も貴重ですね。
社会人になってから暫くはファン誌をずっと買っていましたがその量にはさすが… 一部の特集号を除いてやむを得ず処分してしまいました。
ピクトリアル・ファン誌は今でも毎月、発売日に立ち読み? に行っています。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2013-05-19 08:30 x
1005-1006-2003様 いつも有難うございます
鉄道雑誌、物心ついた頃にはピクトリアルとTMSでした。今の時代と違い情報は
雑誌の記事と自分の五感?でした中でも貴重な情報源はピク誌の読者短信欄で
貴重な情報の源でした。西武関係では451系や551・601系の計画を最初に知ったのも
この欄でした。文字どうり短信なので数行の記述でしたが、ワクワクしながら暗記して
しまうほど繰り返し読んだ覚えが有ります。451形の製造が番号順ではなくて、相方
クハによって451と461から並行して出場することなど、今でも投稿者のお名前も
はっきり思いだします。最近はネットの情報氾濫で雑誌より先にニュースが伝わりま
すから、在る意味新鮮味が無いのですが資料的な記事が在る号以外は余り買わなく
なってしまいました。
 以前雑誌のバックナンバーを嵩張るので戸外の物置にダンボールに入れて積んで
保管していたら後年整理するつもりで開けてみますとなんとダンボールごとシロアリに
食われて殆ど全滅、整理の手間が省けましたが、残したい物も少なからず有ったので
非常にショックでがっかりした事がありました。物置に本の保存は厳禁ですね。
<< 西武最初のカルダン車 67-0世代交代 >>