人気ブログランキング |

西武最初のカルダン車

昔の写真から

 昭和30年代中頃までの西武は省線時代の電装品にTR14台車の走り装置が標準
で、所沢工場製の新造車体を載せたセミ新車が投入されて来ました。急増する沿線
人口に対応するには輸送量増強が急務で、結果質より量の車両増備で対応させて
来た訳ですが、さすがに旧型部品の確保も困難となって昭和37年の増備車から初の
カルダン駆動車に転換しました。これが601系でした。同系は前年度に登場した551系
の車体を引き継ぎ、足回りをMM’方式に刷新し、一制御機一パンタで在来車との混結
の必要性から空制オンリーという経済性重視の新製車でした。特徴的なのは当時国鉄
通勤車標準のDT21台車をそのまま採用したのと、国鉄より僅かに早く強力電動機MT
54を搭載したことでした。しかし残念なのは走りに直接関係の無い制御車の台車はTR
11が従来どおり使用され、一見したところ在来車と同様の足回りに見えた事でした。




                          (各写真はクリックで原寸となります)
西武初のカルダン車601系。車体は551系をそのまま引継ぎました。
613F所沢発池袋行   昭和38年   東久留米~清瀬
a0251146_074076.jpg



最後の4連吊り掛け新造車となった551系553F清瀬発池袋行   昭和38年   東久留米~清瀬
a0251146_08832.jpg



            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2013-05-15 00:10 | 西武鉄道 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2013-05-18 07:34 x
601系と551系、子供の頃は見分けの付きにくいことで違いが分かりませんでしたが… 乗ってみれば軽快なカルダン車音で分かりますね。窓の無塗装化・ワイパーの取り付け位置の変更に若干の変化が感じられました。
その601系は製造は1年足らず、あっという間に大量増備の701系に移行しましたね。ある意味701系の思索的要素が多いです。その後モハを701系に編入し、クハは451形との編成になるなど、601系は地味な存在でしたね。
701系の製造に合わせ、国電クモハ11400譲受の371形が増備されていたのも興味深いことです。当時の輸送量に追いつくための必死の手段だったのでしょうね。
電動車の力強い120kWモーター音、当時としては乗り心地の良いDT-21台車、ちょっと飛び跳ねるような縦揺れが懐かしいです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2013-05-19 08:29 x
601系が走り始めたのは昭和37年の暮れでした。551と同じ車体ですが、何と言っても
初めての中間モハが新鮮でした。それまでは全てクモハでしたから。クモハ・モハの
呼称分けも601系の出場が契機でした。益々国鉄に似てきたなと思ったものでした。
それにしても初めて601系に乗った時は西武もまるで中央線の101系並になったと
えらく感激したものでした。西武名物の吊り掛けモーターの騒音が無く、ジョイントを
刻む音と軽快なモーターの唸りが新鮮で、当時601の入るスジを覚えていたのでしょう
か、時間が来ると線路際にいって見聞きするのが日課でした。
<< 西武2013年度車両増備計画 鉄道ファン 創刊号 >>