人気ブログランキング |

黄色い103系

 正月も早くも3日です。なので今日は103系の話です。
(この項は、「広島支所の国鉄型電車」から103系をこちらに移動しました。)




a0251146_22183792.jpg




 103系と言えば国鉄時代の昭和38年以降山手線を皮切りに3000両以上量産された
通勤電車の代名詞でしたが、最早JR西とJR九州に残るだけとなりました。

広島支社には現在103系3両編成が3本配置されています。何れもワンマン対応、WC
設置済みの2M1T編成で主として呉線の快速運用に用いられています。

内訳は
 D-01編成  Mc103-48・M102-145・Tc103-86 →下り方
 D-02編成  Mc103-2501・M102-403・Tc103-171
 D-03編成  Mc103-2502・M102-404・Tc103-170



                          (各写真はクリックで原寸となります)
 D-01
a0251146_2153479.jpg

D-02
a0251146_21544620.jpg

D-03
a0251146_21552769.jpg



運用は上に書きましたように呉線内往復が殆んどですが、毎日朝間1往復の山陽本線
に入る列車が有り、山口県の由宇まで遠征します。唯一本線運用ですので115系等と同
じスジで103系の全力疾走がみられます。あの甲高いモーター音と硬い乗り心地が味え
ます。
2012年末に鋼製旧型電車の地域別単色化計画により先ずD-01編成が濃黄色に、続いて
2013年にD-02編成も全検時に塗り換えとなりました。D-03編成のみ今の処瀬戸内色を維
持しています。
広島駅にてD-03
a0251146_21581973.jpg


103系は元々各線別単色色分けで新製されましたから、一色塗りも違和感ありません。
  D-02
a0251146_23151664.jpg

a0251146_21573710.jpg


朝の540M。本線唯一の3連運用はいつも混み合います。113系などと共通運用ですので
103系もフルノッチで走ります。
a0251146_12172857.jpg

a0251146_12115656.jpg



過去から舞い戻って来たかのような・・・黄色い103系。
a0251146_22521692.jpg





            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2014-01-03 22:43 | JR西日本 | Comments(4)
Commented by ホビぽっぽ at 2014-01-04 20:42 x
ご無沙汰しております 本年もよろしくお願いいたします。
103系は全盛期にさんざん乗って、あまりにも当たり前だったため記録がありません。

戸袋が埋められてしまうと側面は東武8000か西武2000(旧)を連想してしまいますが、きっと機械の音だけは昔のままなのでしょうね。
チ!ボォー パチッとドアが閉まり、ため息のような緩解音で走りだす・・・
一番好きだったのは折り返しでブレーキハンドルをセットした時のキシーという音が、なんだか西武701のようでした。
また最終増備車の試運転に立ちあう機会があって、クモヤに繋がれて新鶴見を全力走行~非常制動など思い出します。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-01-05 04:23 x
ホビぽっぽ様 コメント有難うございます。今年もよろしくお願いします。
103系と言えば、最初に投入された試作車900番台が池袋電車区に配置され、
4連+4連で営業に就いた頃を思いだします。即量産が始まり瞬く間に黄色い
101系を総武線に追い出してしまいました。新製開始から50年以上経ちますが
広島に居る編成もそろそろ50年が迫ってきたようです。ワンマン仕様ですので
3連に短縮されている編成です。近年の単色化施策で黄色の塗装になり総武
線時代を彷彿させて懐かしいものがあります。
走行音が独特ですからこれがやって来ると直ぐに判りますね。
Commented by 1005-1006-2003 at 2014-01-05 08:22 x
黄色い103系の3両編成、かつての鶴見線を思い出します。
海芝浦の海上に浮かぶ103系、海と似合っていたようです。
広島でも海と並行して走りますね。
ローカルなホームともとってもお似合いですね。
首都圏ではとっくに無くなってしまった103系、その先輩の101系も間もなく秩父鉄道からお別れですね。
個人的にはあまり好きではなかった103系なのですが、広島地区では少しでも長くの活躍をお祈りいたします。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-01-05 17:56 x
1005-1006-2003様 
コメント有難うございます。103系は確かに何処にでも走っていた空気みたいな
存在の車両でした。たしかに高速走行時の振動と騒音は激しかったし、コイル
バネのDT33も硬い乗り心地でした。末期は高運転台になりスタイルも今ひとつ
でした。しかし101系やそれ以前の茶色ゲタ電吊り掛け通勤車から綿々と続いた
国鉄型通勤電車の一つの完成形だと思います。最近でこそ切妻電車は流行りま
せんが、無駄の無いクリーンなスタイルは有る意味優美にも見えました。
<< 東武新車60000系第二陣甲種発送 Hannover 電車 >>