人気ブログランキング |

小手指の京急400

西武9103Fが京急とのコラボレーションで京急カラーになりましたが、
西武と京急と言いますと昭和41年に小手指で遭遇した京急400型
を思い出します。
  以下過去記事からの引用です。


これは西武所沢工場が京急400の廃車体を他に転売する目的で購入し、暫く小手指の片隅に
留置していた姿です。
後に流山1101、伊予鉄121~123・421、弘南108、近江135・1210型に生まれ変わり再生します。
この時この場所には仮番1,2,7の3両が置かれていました。(再掲です) 
   昭和41年8月   西武鉄道小手指検車区
a0251146_22323559.jpg


西武311形廃車体(335・1302)と一緒に置かれていました。
a0251146_1050466.jpg


上の写真より少し後の撮影ですが、311形の廃車体が増えています。335は解体を免れて荷電
クモニ3に改造されました。
311系廃車群前から、1302,1306,336,337,1303,312と思われます。
この時期、大量増備中の701系に追われて311系が次々に廃車になって行きました。
a0251146_1031541.jpg




            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2014-07-20 01:19 | 京浜急行 | Comments(6)
Commented by 1005-1006-2003 at 2014-07-20 07:31 x
京急と西武の繋がりは以前から結構あったんですね。
軌間の異なる京急、わざわざ運ぶのも大変だったと思うのですが、
所沢車輌工場での改造により各地で第2の活躍をしたんですね。
面白いもので、金沢八景や横須賀地区には西武系の施設も多いですね。
八景島シーパラダイス、横須賀プリンスホテル、鎌倉霊園、逗子ハイランド分譲地などなど… 
レール幅が同じだったら乗り入れも行われていたかも知れませんね。今回の9103Fの「京急化」は個人的にはとても嬉しいです。
京急2000系からの窓周りが白い塗り分けはバランスも良くって好きです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-07-20 10:30 x
1005-1006-2003様
今日は。いつもコメント有難うございます。
京急カラーの9000系良くできていると思います。楽しい企画で素晴らしいです。
京急400型を小手指で見たときは、最初何で京急がここにいるのか不思議でし
た。そして貨車チに載ったと言うのか、仮台車のような車体の載せ方に驚きました。
400型は窓が大きく好ましい車体でしたが、所工で再生された車両はまるで新車
のようでした。当時所工では、自社の車両は勿論、各社からの廃車車両を再生し
て地方私鉄に売り込んでいました。
Commented by 番茶犬 at 2014-07-21 09:49 x
昭和41年の小手指って、こんな雰囲気だったんですね
でも、今見ても雰囲気はありますね~

ボクも父が鉄道員でしたので、車庫内に入れてもらったりとかありましたが、良い時代の画各ですね!
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-07-21 10:53 x
番茶犬さま  こんにちは
秩父線開業以前の小手指検車区は広大な敷地に501・601系電車や旧型電機な
どが配置されていましたが、未だ配線も少なく閑散としていました。
何より当時は駅が無いので訪問するにも狭山ヶ丘から徒歩で向いました。
Commented by 池袋の小学生 at 2014-07-22 20:41 x
いつも 貴重な画像をありがとうございます。
さて 京急のボデーですが、京王帝都にも見えてしまいます。
勉強不足の小学生でした。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-07-22 22:19 x
池袋の小学生様 こんばんは
京王井の頭線1710型など当時の大東急時代の車両に同型車が有りましたね。
写真の元京急400型は昭和22年三井玉野にて10両が作られ京急での最終車番
は481~490でした。昭和40・41年に車体乗替えが行われ余った車体が西武に流
れてきたようです。
<< 広島のベタ踏み坂 北急桃山台にて >>