人気ブログランキング |

西武の車両(4) 9000系



所沢工場最後の製造となった9000系は、N2000系同等の車体に6000系の車内仕様を施し101系
の足回りを再用した10両固定編成として1993年から製造されました。すでにステンレス車6000系が
外注東急車輛で量産に入っていた時代ですが、所沢工でのステンレス車製作は望むべくも無く、当
車両を最後に新製部門を閉鎖、武蔵丘に検収センターを新設して移転しました。
 9000系は当初101系譲りの6M4Tの大飯食らいでしたが、その後全車東急車輛にてVVVF化を実施
し、省エネ車として生まれ変わりました。正面スッテカーはその証ですね。実際には2000系との識別
の意味もあるようですが。現在同系は地上線用10両固定として全車池袋線に配置、飯能・所沢優等
運用に用いられます。
 昨年から戸袋窓の簡易封鎖を実施、車内が広告スペースになりました。折角の戸袋窓が台無しで
外見スタイルも微妙な事にになってしまいました。

全8編成のうち、9103Fが7月19日より京急色を纏ったRed Lucky Trainとしてデビューしました。
京急とのコラボは当分の間実施されるようです。



                          (各写真はクリックで原寸となります)
9106・30101・9103編成    池袋    2014年8月10日
a0251146_12373244.jpg


9106F      中村橋       2014年8月11日
a0251146_12423774.jpg


9108F通勤急行     元加治~飯能     2014年8月8日
a0251146_12442867.jpg


9101F準急所沢。    中村橋  2014年8月10日
a0251146_12473369.jpg


9106F急行。    練馬高野台    2014年8月11日
a0251146_12492494.jpg


9103F急行。    飯能       2014年8月7日
a0251146_12504678.jpg


同9103F通勤急行。     中村橋     2014年8月11日
a0251146_12524862.jpg


同9103F準急飯能。   西所沢     2014年8月8日
a0251146_12561378.jpg


同9103F急行池袋。    西所沢~小手指    2014年8月8日
a0251146_1258015.jpg


同9103F準急所沢。    中村橋     2014年8月8日
a0251146_12593753.jpg


戸袋窓が少し残念ですが、綺麗な側面です
a0251146_1983183.jpg
 

9103F車内広告も全て京急関連で埋め尽くされていました。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2014-08-18 13:05 | 西武鉄道 | Comments(6)
Commented by 清68 at 2014-08-18 21:43 x
9000系は整然とした編成で弥勒的だったのですが、あっという間に戸袋窓が閉鎖されてしまい、興ざめしてしまいました。
最近ようやく見慣れてきましたが、やはり変ですね。
手を加えられているということは、大事にされているということなのかもしれませんが。
京急塗装は見事な仕上がりですね。色合わせも含め、ラッピングの技術はすごいと思います。
いつか本来の赤電も再現されないかと期待してしまいます。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-08-19 00:31 x
9000系は10連貫通の整った姿が落ち着いた雰囲気の車両でしたが、例の戸袋の一件以来どうも
しっくり来ません。一寸見っともなくていけません。101系の足回りだった頃は豪快な走行音が好き
でしたが、インバーター化されて大人しくなりましたね。京急色も楽し企画で面白いです。窓周りの
白色が少し狭いのもご愛嬌です。仰るようにこの勢いで、本来の西武赤電再現を期待してしまいます。
Commented by 1005-1006-2003 at 2014-08-19 17:28 x
9000系の登場時は、所沢工場の製造能力の都合で、とりあえず4連で、そして2箇月後に10連化されていました。
4連時には狭山線の区間折り返しに使われたり。
登場から暫くは新宿線でも使用されていましたね。
VVVF化改造の為にわざわざ東急車輛に送られたのも不思議でしたね。
あの程度の改造でしたら武蔵丘か玉川上水でも充分にできたと思うのですが…
どうせだったらあの時に2000系のように戸袋窓を綺麗に埋めていれば、台無しにならずに済んだのにと思います。
Red Lucky Train は本当に美しいですね。それにしても、各地で随分記録されましたね。『通勤急行』幕も良いですね。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-08-20 09:06 x
1005-1006-2003様
いつもコメント頂きありがとうございます。
9000系は所工最後の作品ですので、有る意味貴重です。10連貫通の均整のとれたスタイルが
好ましかったのですが、やはり戸袋窓の扱いとても残念ですね。
東急入場時に潰しておくべきでした。所沢工が有れば簡単に工作出来たのにと思うと尚更です。
VVVF工事は恐らく玉川上水では、6000系のF線対応工事で忙しかったのではと思います。 
9103Fは重点的に撮りたかったのですが、余り天気に恵まれず少し心残りではあります。
Commented by vasutfan at 2014-08-26 21:47 x
団塊鉄ちゃん様
いつも貴重な話題をご提供くださり、ありがとうございます。またごぶさた失礼しております。
今日本へ里帰り中、本日準急飯能行に充当されたRed Lucky Train(以下RLT)への乗車が叶いました。
また、昨日は当該編成を記念した記念乗車券も購入したりと、久しぶりの日本を満喫しております。
RLT、オリジナルカラーのイエロー&ステンレス生地ドアよりも、こちら京急カラーのほうがよっぽど見栄えが良いですね。沿線でも注目の的でした。
気になるのはいつまで本塗装を纏っているのか、ということですが、これも京急と歩調を合わせるのでしょうか?
歴史的背景、環境も異なる京急&西武の両社ですが、今後もこういった企画で、利用者やファンを楽しませてほしいものです。
末尾ではありますが、今後ともご活躍を期待しております。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-08-27 01:21 x
vasutfan 様
コメント頂戴し、有難うございます。日本へ里帰り、そして西武線乗車も久方ぶりではと
拝察いたします。私も先日2年ぶりに西武線訪問いたしましたが、施設・車両・沿線風景
など訪れる度に変化していて特に駅施設など戸惑うこともしばしばですが、それでも西武
電車の独特の雰囲気はそこかしこに残っていますのでhometownに帰ったように落ち着き
ます。
RLTご乗車とのこと。京急塗装も意外に9000系に似合っています。ラッピングで処理した
ところも感心しました。仰るように地理的にも、歴史環境的にも車両運用的にも全く違った
歩みを辿った両社ですが、このような企画は画期的で素晴らしい事と思います。
やっと秋の気配を僅かに感じる今晩ですが、どうか日本の初秋を満喫されてお帰りになら
れますように。
<< 可部線 運転再開 西武の車両(3) 30000系 >>