人気ブログランキング |

JR九州305系出場


 今回も下松からのレポートです。本日JR九州筑肥線用新造車305系が日立製作所にて
完成し同駅から甲種輸送列車として発送されました。
同系列は6連6編成の製造が予定され、来年2月以降同線及び福岡市地下鉄空港線直通
に投入されるそうです。
 車体形状は日立標準Aトレイン規格ですが、室内は木目基調の意匠が施されています。
制御装置、主電動機は東芝(PMSM)、ATCシステムは日立、台車はM(DT408)・T(TR408)
共に川重が使用されています。車体は白の塗装が施され、標記・ステッカー類は全て黒色
のモノトーン仕上げです。



                          (各写真はクリックで原寸となります)
  305系W1編成6連全体。手前が6号車です。    山陽本線下松駅    2014年11月24日   
編成は1号車からクハ305-1・モハ305-1・モハ304-1・モハ305-101・モハ304-101・クハ304-1
a0251146_1835697.jpg

  発車準備完了の甲種列車(甲107)。下松発西小倉行き8863レ 牽引機EF66-110(吹)は幡生まで
a0251146_18414284.jpg


  以下編成、各車両単体です。6号車側より
a0251146_212567.jpg

  6号車クハ304-1
a0251146_1847045.jpg

  5号車モハ304-101
a0251146_18474771.jpg

  4号車モハ305-101
a0251146_1848469.jpg

  3号車モハ304-1
a0251146_18494972.jpg
 
  2号車モハ305-1
a0251146_18503710.jpg

  1号車クハ305-1 トイレ付き
a0251146_18512044.jpg

  台車  川崎重工M(DT408)・Tc(TR408)
a0251146_1857364.jpg


  山陽線N-21編成と
a0251146_18523555.jpg

  下松を発車し九州に向う同列車
a0251146_18554456.jpg

a0251146_1856639.jpg


以上です。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2014-11-24 19:03 | JR九州 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2014-11-26 16:00 x
最近はJRの番号区分も複雑に、私鉄はインフレナンバーになりがちな中、番号がシンプルですね。
色もデザインもシンプルなところにも逆に新鮮味を感じます。
1号車のドアと一部分のピンクのマスキングテープで覆われているところは? ちょっと気になりますね。
日立の車体に東芝の主電動機というのも意外です。
これで103-1500系の置き換えでしょうか?
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-11-26 21:14 x
1005-1006-2003様
JR九州の305系は日立のAトレイン規格で4扉ですから、西武・メトロ・東武と
関東の私鉄車両を見ているようです。仰るように103系1500番台の置換え用途
のようです。車内を覗くと木製のハイバッケットシートが配置され、通勤車両とし
てはとてもユニークな意匠でした。地下鉄用途でトイレ付きなのも親切設計といえましょう。
アルミ下地に真っ白な塗装で、正面など要所に黒色を配した外観、西武の101ワンマン
車に仲間が出来たようです。
<< 227系山陽線試運転(2) 西武38116F甲種輸送 >>