人気ブログランキング |

221系K17編成リニューアル出場

 先日来広島支社下関総合車両所(幡生工場)にてリニューアル施工を実施中でした
221系キトK17編成の工事がこのほど完成し、本日下関から向日町まで所属先への回
送運転が実施されました。
 これで同系列車の幡生での改造工事は11本目と思われます。



                          (各写真はクリックで原寸となります)
写真は、Mc78+M78+T78+Tc78 予定臨8302スジ回送列車    大畠駅    2014年12月6日
a0251146_18514941.jpg

a0251146_1852483.jpg

a0251146_18525086.jpg



221系回送前後の山陽本線列車です。
単機EF66-101  東武60000系甲種牽引送り込み回送
a0251146_1972420.jpg


3341M N-03  広セキ
a0251146_1942881.jpg

a0251146_1944395.jpg


3334M C-21  広セキ
a0251146_18555449.jpg

a0251146_1924623.jpg



以上です。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2014-12-06 19:12 | JR西日本 | Comments(2)
Commented by 1005-1006-2003 at 2014-12-08 17:58 x
幡生工場の更新は美しいですね。
昔から旧型国電の改造など、活発に行われていた印象があります。
国鉄時代、工場間ではかなり格差があったように感じました。
確か吹田工場は大井工場より塗装が丁寧だった記憶もあります。
関西地区から101系や103系が関東地区に転属された際には
違和感を感じたりしたものでした。
72-970形→103-3000系改造の際、短期間に改造の為、
4工場で施工された際にも技術の差?を感じたものです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2014-12-08 21:40 x
1005-1006-2003様
いつも有難うございます。
221系の更新工事は吹田と幡生で行なわれています。JRWの鋼製車で唯一単色化
を免れた幸運な車両です。アーバン地区を走る為のようですが、単色化の意味は未
だに良く解かりません。
221系はそれ以前の115系、117系等と較べ当面廃車の計画もなく末永く使用する気配
で更新工事も丁寧に実施されています。最近になって207系も延命更新が始まりました。
207系は4扉通勤車ですが、パイプ類の少ないスッキリした車内見付けで好ましかった
のですが、この更新で関東通勤電車のようにスタンションポールが林立する車内にな
りました。
72-970懐かしい存在でした。72系の車体載せ替えバージョンですね。後に103系
に再改造され仙台から埼京線にやって来た異端児でしたね。腰高の103系で一目で
出目が判りました。身延線にも113系似の旧型車がいましたね。何だか昔の西武線
を見るようでした。
<< 東武61609F・61610F... 227系山陽線試運転(2) >>