人気ブログランキング |

在来車の動き(10) P-10オカ転属他


 227系の増備で変化の激しい広島地区在来車の動きから幾つかを拾ってみました。


① 来年のダイ改から広島地区は全て3扉車両に統一との発表がありました。
   115系N編成2扉車は岩国以西に閉じ込め、103系改105系4扉車は撤退の
   方向でしょうか。写真は115系 N-20編成354M    2015年12月28日
a0251146_1922845.jpg

a0251146_1835545.jpg


② 広ヒロ113系P-10編成が組み換えなし元編成のままで 岡オカ転属となり本日岡山
   電車区に移送されました。クハ40N・モハ30Nダブルパンタ仕様で元宮原S37編成
   です。
   写真は113系では通常走行しない山陽本線東広島地区を岡山に上がるP-10編成。
                          (各写真はクリックで原寸となります)          
   Tc2113+M2081+M'2081+Tc2014(関)     2015年12月25日
a0251146_235748.jpg

a0251146_23102231.jpg


  こちらは宮原から広島へ転属、幡生出場間もない頃の同編成。  2012年7月29日      
a0251146_22393648.jpg


③ 一方こちらは急速に数を減らしている115系C編成中現役のC-13。608は未更新車でAU13
   E搭載が特徴です。       2015年12月25日
     Tc1141+M2013+M'2013+Tc608(関)      2015年12月25日
a0251146_2155087.jpg
 

          以上です。ご覧頂きありがとうございます。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
 
by tetudankai5501 | 2015-12-25 22:01 | JR西日本 | Comments(0)
<< 103系D編成の思い出 最新227系試運転から >>