人気ブログランキング |

在来車の動き(11) L-11・H-01

115系L-11編成

 年度毎に別編成で衣替えする広島カープラッピング電車ですが、例年ですとシーズン終了後速やかにラッピング撤去
濃黄色化の為入場します。しかし昨年のラッピング編成L-11は未だに入場することなく遂に越年しました。
カープラッピングは毎年更新されますので、今年も3月には新しいラッピング編成が見られると思われます。来年度
も115系L編成なのか227系を起用するのか気になります。

 写真は可部線運用780M 2016年1月9日
a0251146_422926.jpg

 追記①・・L-11カープラッピング編成は、車体に大書された18番マエケンさんのドジャース移籍発表を
       待っていたかのように1月13日を以てラッピング運用を終了しました。



(115系)H-01編成

 両端クハが113系800番台811・812ですが、抑速対応化で115系MM'1100・1172と組んだ編成でクハ812が製造後
50年に達する高齢車。両端クハにWAU102クーラーと2基のグローブ型ベンチレーターを載せた特徴ある姿で有名です。
227系の増備でC編成が次々と廃車になる中生き残り、年明け1月6日にも3361Mにて岩国・下関運用に入っておりました。
その数日後運用離脱、週末に幡生工場入場しましたので今後の行方が気になるところです。

 離脱直前の姿  山陽線運用3361M 2016年1月6日
a0251146_4224441.jpg


 単色化後の同車
a0251146_18332428.jpg

a0251146_2113538.jpg

 瀬戸内色時代の同車
a0251146_18341880.jpg

a0251146_942416.jpg

 追記②・・H-01編成はその後解体線に移されましたので、編成廃車が確定したようです。

          以上です。ご覧頂きありがとうございます。

            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2016-01-10 04:27 | JR西日本 | Comments(0)
<< EH500-49無動回送 山陽本線332M >>