人気ブログランキング |

221系NA403編成リニューアル出場



221系近ナラNA403編成4連は下関総合車両所(SS幡生工場)にて先週更新工事が完成、16・21日の
本線試運転を経て、本日所属区へ向けての出場回送がおこなわれました。



 写真は下関から広島県下山陽本線を奈良支所に向かう回9346M      2016年12月22日
                          (各写真はクリックで原寸となります)

  NA403編成    下関←Tc221-14+T221-14+M221-14+Mc221-14→大阪
a0251146_205445.jpg

a0251146_20155741.jpg

a0251146_2062759.jpg


今日は生憎の荒れた天気でした。


幡生工場に於ける221系更新工事はこれで29本目かと思われます。
現在幡生工場入場中の221系更新編成は、キトK24・ナラNA404の2編成です。


          以上です。ご覧頂きありがとうございます。


            (ブログ内掲載写真・記事の転載等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2016-12-22 20:09 | JR西日本 | Comments(4)
Commented by モハ1005ーモハ1006ークハ2003 at 2016-12-23 19:44 x
更新出場車、台車や床下機器まで綺麗に塗装され、新車のようですね。
かつては各地私鉄などの出場車も新車並みに整備されていたものの
近年は…
最近ではJR西日本や伊豆箱根鉄道の工場の腕の良さに改めて
感激です。
そう言えば国鉄時代の大井工場は塗装のマスキングもすっごく
雑でしたね。

方向幕の『回送・試運転』って言う表示も珍しいですね。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2016-12-24 01:59 x
1005-1006-2003様 いつも有難うございます
JR西の鋼製国鉄型電車は117系まで全ての形式が保守簡易化
の為単色塗装となってしまいましたが、西にとって最初のJR形で
ある221系は特別な扱いのようで、オリジナル塗装でリニューアル
が実施されています。元々白を基調とした繊細な配色ですが、
更新入場時にはかなり醜い状態の車両が多いですが、出場時に
は新車と見紛うばかりの美しさです。同じ西でも広島車の115系
などは下地のテーピング等そのままで黄色を被せてしまう手荒さ
で格差がひどいのには呆れます。
西武も所沢工時代の全検出場車は下廻りまで美しく塗装されて
いましたが、近年は省略なのは残念です。余談ですが模型雑誌
ですが「とれいん誌1月号」が西武特集でかなりの部分が西武赤電
の実車記事で懐かしいです。
Commented by モハ1005ーモハ1006ークハ2003 at 2016-12-24 07:46 x
先日「とれいん誌1月号」ちょっと読んできましたが、西武の
赤電特集がかなり充実していましたね。これまでに見たことの
無い写真も多数、まだまだ未公開のものの多さに感激いたしました。
あまり触れられない411系の改造工程で441番台に改番された
ことにも触れられていましたね。改番の際の2→4の部分が
鉄板ビス止めされていましたが、その写真が無いのは残念です。
それと423Fが当初、上部のローズレッド塗装が無かったのは
団塊鉄ちゃん様の画像で知りましたが、その後雨ドイ部分が
ローズレッドに塗られていたのも意外でした。
他にも701系の705Fの登場時の塗装に触れられていたり、747F
の試験塗装の際に、ドアが銀色に塗られた後に車体と同一色に
塗られたことなど、改めて面白い過去を知ることができました。
それにしてもこれ程の特集を組むほどの西武の赤電の人気、それが
本家西武には無いのが不思議なものです。
Commented by 団塊鉄ちゃん at 2016-12-25 04:48 x
1005-1006-2003様 
「トレイン誌」ご覧になられていたようですね。仰るように
未知の情報も沢山有って楽しめました。細かいところも
701系正面手すりの位置の違いなどは気が付きません
でした。写真も昔の練馬駅での1411や749F赤電冷改車
など懐かしいものがありました。
747試験塗装はドア部車体同一塗装は記録しましたが、
銀色塗装は見た事が有りませんでした。
最近近江赤電、大雄山線赤電、駿豆線黄色N101系塗装
等関連会社での復刻塗装は眼を見張るものがありますが
仰るように是非西武にも復活してほしいですね。
<< 可部線延伸区間試運転開始 JRE EV-E801甲種輸送 >>