人気ブログランキング |

タグ:E851 ( 2 ) タグの人気記事

瀬野八と正丸峠

 山陽本線の瀬野から八本松間の急勾配区間は22.5‰を含む急勾配路線が10Km
以上続く難所なのですが、現在は旅客列車には全て115系の抑速制動付き電車が
使用されています。又上り貨物列車には後補機としてEF67型が後押し機関車として
使用されています。
EF67は現在EF60から改造の1・2・3号機とEF65から改造の101~105の8両がその
任務に就いています。
EF60から改造の1~3号機は第二エンド側に小さなデッキの付いた好ましいスタイルが
特徴です。しかしこれらの補機達も老朽化の故、近々最新のEF210ー300台に代替えが
予定されています。又旅客電車の方も新型車両の試運転等が始まり、こちらも将来的には
代替えがあるとものと思われます。
 セノハチに較べると規模は少し小さいのですが、東の西武秩父線も開業当初は貨物
輸送が盛んで1000tセメント列車が頻繁に運行されていました。こちらは最大勾配25‰
が正丸から芦ヶ久保間6.1Km区間サミットに存在し、貨物列車にあっては一部EF級電機
の重連が行われ、又旅客電車では抑速制動付きの101系電車が製造されたことで、類似
点が多く存在しました。(残念ながら自分はその重連を撮ったことは有りませんでした。)
  実は荷主の三菱マテリアルがセメント輸送を自動車輸送に転換し、E851電機が職を
失った際、余剰となった西武E851をセノハチの老朽機の代替えにと個人的に期待したの
ですが、勿論かなうことは有りませんでした。



                          (各写真はクリックで原寸となります)
 西武のF級電機E851(こちらは後補機ではなく、重連総括で使用)。昭和44年
a0251146_23154067.jpg


 現代のセノハチ補機EF67(こちらは100番台)、平成24年
a0251146_23163281.jpg


西武秩父線は101・5000系が抑速制動付きでした。 昭和44年
a0251146_8252946.jpg


 山陽線電車は115系抑速制動付き。平成24年
a0251146_23204780.jpg


                                   (西武の画像は再掲です)
            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2012-12-25 23:32 | 西武鉄道 | Comments(4)

西武の電機と貨物列車


                                      (各写真はクリックで原寸となります)
E851新製時  昭和44年9月 三菱
a0251146_19411251.jpg



 貨物輸送が盛んだった頃の西武には、多種多様な機関車があり、古典機はまるで動態
保存然としていました。私が実際に目にしたのは、E11,21,41,51,61,71そしてE851でした。
E31(3代目?)を見たのは159Fが赤電展示した時ですので、2001年になってからでした。
その頃は既に古典機は全て廃車となり、横瀬に集結保存車になっていました。
国鉄形式ED10→E71、ED11→E61、ED12→E51それに一時期近江に行ったED14-3も
在籍しました。どの輸入機も希少価値のあるものばかりです。大きな庇のGE製E71,田窓
と繊細な台車、そして図太いホイッスルが印象的だったE61、何よりも個性的だったB・B・C製
E51は大きな車輪、屋根上のエアータンク、長いひさし、数多くの側面窓、大きな正面窓等どこを
見ても欧州機の雰囲気を醸し出していました。正面運転席側前面の窓は後に開けられたそう
ですが、まるで初めから其処にあったように違和感無く増設されていました。
 E851は勿論民鉄最初で最後のF級電機ということで、デビューした時はそのスタイル、塗色
、側面の丸窓といい国鉄型を完全に抜いた欧州スタイルで、E51の後継車に相応しいもので
した。このスタイルは後に知ったのですが、かの黒岩保美様のデザインだったそうです。
 E851の西武入線を最初に見たのは、池袋の国鉄連絡線の処に、甲種輸送後1台到着して
いたときでした。
三菱・三原から遙々やって来た訳です。国鉄牽引機は見当たりませんでした。暫くするとE41だ
ったと思いますが、通常の貨物列車と一緒に組成し、機関車次位に連結され小手指まで送られ
て行きました。カメラを持って無かったのが何とも残念でした。
 秩父線で運行開始した当初は、繋がる貨車達も全部新車です。ワフ101、タキ1900、テキ401
の堂々14両編成見事でした。
  E851の最後は、ファンも驚嘆の客車牽引、よもやの12系6連でした。駆けつけることが出来
なかったのが未だに残念至極ではあります。
 しかし、静態保存とは言えこれ等の機関車の殆どが保存されて居るのは、何とも嬉しいことです。
以下各形式毎に写真を掲げてみます。写真の(H氏)は友人H氏の撮影です。


小手指で検収中のE52・E21・E71 昭和41年
a0251146_19551269.jpg



E11 E11~E13 武蔵野鉄道がW・Hから大正11年 輸入。出力300Kw。
 E11→越後交通(昭和44年)
 E12→廃車(昭和48年・保谷に保存)
 E13→弘南鉄道(昭和36年)
  写真はE11   小手指区 昭和41年(H氏)
a0251146_19304091.jpg


  廃車留置中のE12・11  小手指  昭和44年
a0251146_21252750.jpg


 E21・E22 武蔵野鉄道 昭和2年  川崎造船。出力568Kw。
 池袋線の砕石輸送貨物に用いられる事が多かった。E21昭和48年、E22昭和53年廃車
 E21   小手指区  昭和41年
a0251146_19573831.jpg

 E22   小手指区   昭和40年(H氏)
a0251146_19595672.jpg
 

 E41 E41・42・43・44 
 昭和2年青梅鉄道輸入機。 E・E製。西武には昭和24年から25年に譲り受け、E41・42に。
E43・44は昭和35年に譲り受け。4両それぞれ細部で異なる。昭和51年から62年廃車で、E43は
保存。E44はJR貨物に引き取られる。出力460Kw
  E44    小手指区  昭和41年
a0251146_2011180.jpg

  E41    小手指区  昭和41年
a0251146_161230100.jpg

  E41    武蔵横手~東吾野    昭和44年
a0251146_2126285.jpg
 

   E41が牽く池袋行き列車。ワフが鋼製車に更新されています。
           ひばりヶ丘~東久留米   昭和43年
a0251146_156951.jpg


 E51 E51・E52
 大正12年スイスB・B・C社製の国鉄輸入機。西武には昭和25年入線。個々に車体側面形状が
異なる。当初新宿線系で使用。後に全線で運用する。出力875Kw。
  E51   小手指区  昭和41年
a0251146_20135038.jpg

  E52   横瀬  平成13年
a0251146_20171899.jpg
 
  E51   秋津~所沢   昭和42年
a0251146_20182851.jpg

  E52   武蔵横手~東吾野     昭和44年
a0251146_2182893.jpg
 

 E61  E61 
元国鉄ED11 大正12年G・E製。西武には昭和37年入線。ほぼ全線で使用する。昭和59年
廃車。出力975Kw。横瀬にて保存
  E61   小手指区  昭和41年
a0251146_2027991.jpg

   保谷に留置中のED111   昭和36年
a0251146_20292546.jpg


 E71  E71
 元国鉄ED10の2 大正12年W・H社製。西武入線はE61と同じく昭和37年。ほぼ全線で使用。
昭和61年廃車。こちらも横瀬にて保存。出力820Kw.
   E71   新所沢~入曽    昭和42年
a0251146_20312253.jpg

   E71   秋津~所沢   昭和41年 
a0251146_20325291.jpg
 


E851  E851~E854   昭和44年 三菱製。 
秩父線セメント輸送列車牽引用として製作。出力425Kw×6=2550Kwは民鉄最大。重連可能。
新秋津連絡線設置以前は、池袋・国分寺でセメント列車授受。緩急車は西武車が国鉄直通。
1996年セメント輸送廃止と共に使用休止。同年5月にJRから12系客車6両を借り入れ、最初で
最後の旅客列車牽引を花道に廃車。E854は横瀬保存。他は解体
  E851   高麗    昭和44年
a0251146_20353795.jpg
 
   E853   武蔵横手~東吾野   昭和44年
a0251146_23263461.jpg

a0251146_20382378.jpg

セメント製造燃料用の各種タンカー(タキ1500・4500・9800)などとスム201、テキ401等の
混成列車でした。      武蔵横手~東吾野   昭和44年12月
a0251146_1125694.jpg

   E851   武蔵横手~東吾野   昭和44年
a0251146_2213028.jpg

   E851の牽くタキ10連セメント列車    東吾野~吾野  昭和44年
a0251146_20424810.jpg

   出発待ちのセメント貨車返送列車  E851・ワフ101・タキ1900全部新車でした。
      狭山ヶ丘   昭和44年
a0251146_211228.jpg


   E31  E31~E34
1986年 西武所沢工製。出力130Kw×4=520Kwと小出力。老朽輸入機の代替え機だが
小出力故重連が基本。貨物廃止後は工事列車牽引や甲種輸送等に使用されたが、2010年に
全車引退。E31は横瀬保存。他は大井川鉄道譲渡。現在未使用。
   E31   横瀬   平成13年
a0251146_21273390.jpg


 小手指庫にてE22とE71  手前は試運転前の101系第一編成  昭和43年12月
a0251146_20495856.jpg




a0251146_2319475.jpg


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)

 
資料添付  元山形交通ハフ1と2   昭和43年11月  小手指区
a0251146_20584294.jpg

by tetudankai5501 | 2012-02-08 21:15 | 西武鉄道 | Comments(6)