人気ブログランキング |

タグ:101系新製 ( 1 ) タグの人気記事

西武101系登場の頃

 クハ1101     小手指区   昭和43年12月
a0251146_22351916.jpg




 久しぶりに西武電車の昔話です。
旧101系は昭和44年10月の西武秩父線開業に備えて製作された通勤用車両ですが、従来の
801系までのいわゆる赤電とは組成を考慮しない、新系列として登場しました。この年は101系
・初の特急車5000系・私鉄初のEF電機E851と秩父開業新車トリオが揃って登場して西武にと
っては正に画期的な年でした。
101系は秩父線の25‰勾配と正丸峠越えに対処する為、当時狭軌最大級の150Kw主電動機
と抑速付きHSC-D制動装置・応加重装置付きと性能的には従来の車両とは一線を引く画期
的な車両でした。ただその車体は前年に登場した最後の赤電801系と全く同様だったのが少々
残念でした。性能が一新したのですから、その車体もそれに相応しく赤電とは訣別して欲しかっ
たと思います。その反面特急車5000系は初の特急専用車で高性能車に相応しい車体で登場し
非常に注目された存在でした。101系は801系の色変わりという車体ですので新鮮味に乏しかっ
たのです。
最初の101Fが登場したのは、秩父線開業の10ヶ月前の昭和43年12月の末でしたが、最終的に
4連50編成、6連13編成の278両が昭和51年まで製作されます。この後は新宿線用として2000系
が製造されるのですが、池袋線では4扉車は馴染まないとして、昭和54年以降新101系が製造さ
れています。新101系は301系も含め156両が製作され新旧101系は結局、434両の大所帯と成り
ます。秩父線開業後暫くは昼間優等列車の秩父直通運転が実施されていましたが、その後見直
しが行われ大半の列車が飯能止まりとなります。飯能~西武秩父間は区間列車としてN101系
2連が往復し、その後4000系がその任に就きます。
従って後年は一部秩父鉄道乗り入れ車を除く大半の101系は山越えすることなく平坦な路線を
走っていた事になります。又赤電が本線廃止になるまでは、ダイヤが赤電スジで在ったので
その高出力を持て余しておりました。
 後継の3000系が中途半端な存在になってしまう前に、新101系列からN2000系に切り替えて
置くのが得策だったのではなかろうかと思います。
 しかし101系登場時、従来の赤電達とは全く違うその性能に驚嘆しました。車体が801系と同様
だったので尚更の感がありました。4ノッチ投入で直ぐ当時普通列車の制限速度85Kmに達して
しまうものですから、3ノッチで流している運転士さんが多かったのです。5000系特急車の制限速
度は比較的早い時期から105Kmとなっていたのが救いでした。
 今回は、101系低運車の登場時の頃の姿を数枚集めました。例によって既出写真が多くて申し
訳有りません。



 秩父線開通後間もない頃の101系池袋直通準急  111F   昭和44年12月
a0251146_22284016.jpg


 こちらは西武秩父行準急 121F  昭和44年12月
a0251146_0595496.jpg


  開業時は秩父線の殆どの列車が池袋直通でした。   昭和44年12月
a0251146_1834338.jpg




 完成後小手指検車区にて整備中の101F        昭和44年1月
a0251146_22495611.jpg


a0251146_22303463.jpg


 同じく同車 
a0251146_223162.jpg


 同じくモハ101
a0251146_22313269.jpg


 同じくクハ1102
a0251146_22321950.jpg


所工から回送後小手指庫内にて暫く留置     クハ1102  昭和43年12月
a0251146_2233023.jpg



こちらは159Fイベント赤電復刻塗装          横瀬にて      平成13年10月
a0251146_22363329.jpg


同160+1160
a0251146_22373284.jpg


 FS072台車
a0251146_2240850.jpg



                     (ブログ内写真・記載内容の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい)

関連記事
西武秩父線開通のころ
by tetudankai5501 | 2012-05-13 22:41 | 西武鉄道 | Comments(8)