人気ブログランキング |

タグ:411系 ( 1 ) タグの人気記事

西武411形

a0251146_5132112.jpg



 西武411形は昭和39年から同43年に亘って製造された、Mc+Tcの2両固定編成の足回
り中古部品流用新造車で、同時期に製造されたカルダン駆動の701形と並行して作られ
ました。前面形状は切妻で451形と同形態ですが、側面は701系と全く同じ仕様で451形と
701形との折衷型となりました。車内造作は701形とほぼ同じでした。
 車体形態は製造時期により一次型411~422、二次型423~429で、二次型から西武新造
車初の雨樋を上方に上げた張上屋根に近い形状となり、以降の801・101形に引き継がれます。
一次型も細部については、縦雨樋の埋め込みの有無の相違が有りました。
 昭和47年、乗り心地改善の為従来のTR14から新製FS40への台車置き換が行われ、吊り
掛け車ながら空気バネ台車に履き替えられました。
 さらに昭和53年以降には、701形冷房改造、HSC制動化工事と同様の改造が施工され
Mc+Mc全電動車方式で冷改が行われ、塗装も701形同様レモンイエローへと模様替え
し、FS372台車を履いた高性能車に生まれ変わることとなります。
 なお改造は元クモハを偶数車に揃えたため奇数Mc編成の方向転換が実施されています。
 淘汰は平成2年から始まりますが、2両編成冷房付きで有ったので、19編成全車が他私鉄
に譲渡されました。




前面451形、側面701形との折衷形です。 414+1453 上石神井   昭和43年
a0251146_11424837.jpg


  所沢工場新製出場の415+1456  所沢   昭和40年
a0251146_5204781.jpg


  張り上げ屋根となった第二次車 423F 423+1464  井荻  昭和42年
a0251146_5231856.jpg


  上同編成 クハ1464       上石神井   昭和42年  (H氏撮影)
a0251146_525312.jpg


   拝島線にて   414+1453  西武立川~拝島   昭和43年
a0251146_5274753.jpg


  萩山にて     413+1454   昭和40年
a0251146_12291532.jpg


   

  番号変遷と譲渡表


新製時吊掛   高性能化      譲渡 
411+1452→ 402+401→ 三岐 101+102
412+1451→ 404+403→ 近江 801+1801
413+1454→ 406+405→ 三岐 103+104
414+1453→ 408+407→ 上信 151+152
415+1456→ 410+409→ 三岐 105+106
416+1455→ 412+411→ 近江 811+1811
417+1458→ 414+413→ 近江 807+1807
418+1457→ 416+415→ 近江 803+1803
419+1460→ 418+417→ 近江 805+1805
420+1459→ 420+419→ 近江 保留中
421+1462→ 422+421→ 近江 806+1806
422+1461→ 424+423→ 近江 804+1804
423+1464→ 426+425→ 近江 802+1802
424+1463→ 428+427→ 近江 810+1810
425+1466→ 430+429→ 近江 821+1821
426+1465→ 432+431→ 近江 822+1822
427+1468→ 434+433→ 近江 808+1808
428+1467→ 436+435→ 近江 809+1809
429+1470→ 438+437→ 近江 701+1701


            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)
by tetudankai5501 | 2012-03-09 01:08 | 西武鉄道 | Comments(10)