人気ブログランキング |

タグ:601系 ( 2 ) タグの人気記事

西武最初のカルダン車

昔の写真から

 昭和30年代中頃までの西武は省線時代の電装品にTR14台車の走り装置が標準
で、所沢工場製の新造車体を載せたセミ新車が投入されて来ました。急増する沿線
人口に対応するには輸送量増強が急務で、結果質より量の車両増備で対応させて
来た訳ですが、さすがに旧型部品の確保も困難となって昭和37年の増備車から初の
カルダン駆動車に転換しました。これが601系でした。同系は前年度に登場した551系
の車体を引き継ぎ、足回りをMM’方式に刷新し、一制御機一パンタで在来車との混結
の必要性から空制オンリーという経済性重視の新製車でした。特徴的なのは当時国鉄
通勤車標準のDT21台車をそのまま採用したのと、国鉄より僅かに早く強力電動機MT
54を搭載したことでした。しかし残念なのは走りに直接関係の無い制御車の台車はTR
11が従来どおり使用され、一見したところ在来車と同様の足回りに見えた事でした。




                          (各写真はクリックで原寸となります)
西武初のカルダン車601系。車体は551系をそのまま引継ぎました。
613F所沢発池袋行   昭和38年   東久留米~清瀬
a0251146_074076.jpg



最後の4連吊り掛け新造車となった551系553F清瀬発池袋行   昭和38年   東久留米~清瀬
a0251146_08832.jpg



            (ブログ内掲載写真・記事の転載及び現業問合せ等はご遠慮下さい。)
by tetudankai5501 | 2013-05-15 00:10 | 西武鉄道 | Comments(2)

西武初の新性能車601形




営業運転初日の601F1602       保谷駅     昭和37年12月
a0251146_223055100.jpg



 今回は、551形に続いて昭和37年末に登場した601形の思い出です。当時の西武電車の
付番はモハが3桁、付随車は単純に相方に1000を加えたものが基本となります。
例えばこの601形ですと、Tc+M’+M+Tcなので、(奇数・飯能)1601+601+602+1602
(偶数・池袋)なのですが、2連ですと例えば401+1402と奇数、偶数が背中合わせの組み
合わせとなります。西武ではこの601形から中間電動車が出現するのですが、昭和39年度
からMcはクモハ、Mはモハと国鉄式に分類する事と成ります。
 さて601形は先の551形の処で前述したように、車体は551形をそのまま踏襲し、足回りを
一新した形式で、次の701形への橋渡し的な存在となりました。西武初のカルダン駆動を採用
、制御装置は電動カム軸多段式MMCHT-20A、DT21(FS342)台車、MT54-120Kw主電動
機の採用、M+M’方式4両一編成一制御装置、パンタは編成に一基と従来の走り装置を
一新したものとなります。但し在来車との併結を前提としたため、制動装置は従来どおり
空制のみのAMAE方式でした。更に残念なのは、Tc台車が従来どおり釣り合い梁式TR11A
、CPも実績重視?の見地からAK-3のままと、非常に中途半端な新性能車となったことでした。
ただMT54主電動機は国鉄165系より若干早い採用となります。
 性能面では、当時最新の強力な主電動機を得た訳ですが、在来車との混結運転の必要性
から、主幹制御器は従来どおりの3ノッチ式で、弱め界磁は4ノッチでは無くて”押しスイッチ”
方式と言う珍しい?ものでした。勿論当時のダイヤは吊り掛車の性能で引かれていましたので
4連単独運転等では3ノッチまででも充分でしたが、例の非力な2M4T等と連結された際には
弱め界磁を活かして頑張っておりました。
 一時期、上記2M4Tのサハ2両を601系に挟んでTc+T+M’+M+T+Tcとすることも考え
られていた様ですが、さすがにこの計画は実現しなかったのは幸いでした。

 ともあれ、西武最初の”非吊り掛け車”と言う事で西武線も他社に遅れること約8年でようやく
カルダン駆動車が走り始めました。本形式からやっと足回り機器探しという束縛から解放され
新車増備の制約が無くなったのか、製造ピッチも上がり701系増備時代は、月産4両(一編成)
と急速にカルダン駆動車の増備が行われました。ただTcの台車は701系も合せると220基の
TR-11Aをどう調達したのかが不思議です。




                       (各写真はクリックで原寸となります)
 新製後初の営業運転から保谷入庫の601F    保谷   昭和37年12月
a0251146_22371381.jpg

                    
全検出場で美しい613F   上石神井区   昭和43年
a0251146_2234112.jpg



 601形は601F~614Fまで7本と比較的少数が製造され、次は足回りは同様で車体を新設計
された701系に引き継ぎ、大量増備が行われる事となります。
 後年601形は、701形冷改時にモハMMユニットのみ701系中間に組み込まれてしまい形式
消滅しますが、そのとき余剰となったクハの約半数が車令19年余りで廃車と成ってしまいました。
ともあれ、601形は西武最初の新性能車として記念すべき車両だったと思います。

  所沢駅にて 601F   昭和38年
a0251146_22395134.jpg


  607F   ひばりヶ丘~東久留米  昭和43年
a0251146_22423977.jpg


  613F   東久留米~清瀬  昭和38年
a0251146_22442490.jpg


  609F    小手指信号所  昭和43年
a0251146_22473118.jpg


  609F    小手指区     昭和43年
a0251146_2250316.jpg


  クハ1609    小手指区   昭和43年
a0251146_22521855.jpg


  モハ614      上石神井区    昭和43年
a0251146_2331921.jpg


 モハ613      上石神井区    昭和43年
a0251146_22565883.jpg


   608+1608     小手指(信)    昭和42年
a0251146_2259503.jpg


狭山ヶ丘にて        昭和42年
a0251146_23331950.jpg


小手指(信)~狭山ヶ丘 昭和42年 この日はダイヤが乱れていて小手指(信) 
  仕立ての下り列車で前サボが有りませんでした。
a0251146_23655.jpg


  小手指信号所にて609F  昭和43年
a0251146_23123333.jpg



  初の新製台車FS342(モハ)対旧態依然のTR-11A(クハ)
a0251146_2324021.jpg



こちらは、所沢駅東側に在った建屋です。チに新着のFS342が積まれて居ます。    昭和38年
a0251146_21163029.jpg



所沢4番ホーム北端より、秋津方を見たところです。まだ電機格納庫は有りません。  昭和38年
a0251146_21175892.jpg



 編成表                           
1601+601+602+1602(S37年)
1603+603+604+1604(S38年)
1605+605+606+1616(S38年)
1607+607+608+1608(S38年)
1609+609+610+1610(S38年)
1611+611+612+1612(S38年)
1613+613+614+1614(S38年)

 改番と譲渡
601+602→701-1+701-2(S51年)  701系冷改編成に組込み6連化
603+604→701-3+701-4(S51年)  701系冷改編成に組込み6連化
605+606→701-5+701-6(S52年)  701系冷改編成に組込み6連化
607+608→701-7+701-8(S56年)  701系冷改編成に組込み6連化
609+610→701-9+701-10(S56年)  701系冷改編成に組込み6連化
611+612→701-11+701-12(S56年)  701系冷改編成に組込み6連化
613+614→701-13+701-14(S57年)  701系冷改編成に組込み6連化

1601→1657→廃車
1602→1658→流山クハ81
1603→1659→流山クハ71
1604→1660→廃車
1605→1661→一畑クハ191
1606→1662→上信クハ105
1607→(廃車S56年)
1608→(廃車S56年)
1609→(廃車S56年)
1610→(廃車S56年)
1611→(廃車S56年)
1612→(廃車S56年)
1613→(廃車S57年)
1614→(廃車S57年)

             車両の所属標記(参考)
a0251146_14212214.jpg



            (ブログ内掲載の写真・記事等の転載はお断りします。)
by tetudankai5501 | 2012-02-11 23:08 | 西武鉄道 | Comments(15)